JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:Buffet




 ウィークエンド グルメ ディナー 

17:45pm。
ヴェガス最終日のディナーはMGM グランド バフェィへ。
もち、マイヴェガスリワード 2-for-1 利用です(笑)。

受付で1人分のウィークエンド グルメ ディナー料金
$42.99+=$46.54≒5,300円を支払い、約10分ぐらい待って店内へ。

客入りは5割り未満だったものの、スタッフさんもあまりおらず、
入店するまで時間がかかった模様。
CIMG3150

このようなお席にアテンドされて着席。

CIMG3155

 生ビールとワインも飲み放題

この週末のディナーバフェィ料金には、
アルコール(生ビール、ワイン)飲み放題も含まれています。

CIMG3156

ワインは赤、白、ロゼがバーカウンターに置かれており、
試しに白を頂きましたが、やはり、甘かったですわ~。

その他、プラス$18でカクテルやシャンペーン(スパークリング)
なども飲み放題になるオプションあり。

20179mgmdb1

 店内はオールドファッション的なインテリア

店内のインテリアは、やや古き良き時代を彷彿させるものですが、
フードは定番ジャンルが品数多く揃っています。
CIMG3158

いくつかピックアップしてみたところ、お味は普通に美味しいレヴェル。

CIMG3171

スイーツも然り。

CIMG3186

アイスはシャーベット状のソフトが4種類あり。

とここまでだと、

「ちょっと、お値段の割に合わないよね~!」

の内容だと思うのですが(リワード利用でも・笑)、
CIMG3187

 ライヴキッチンが凄い!

グルメな場所は、いろいろなお肉やシーフードなどを
出来たてアツアツで食べれるライヴキッチンにありました。
CIMG3162

お好みで焼き加減もオーダー可。

CIMG3161

この時のシーフード内容は、大きなカニの足、シュリンプ、白身魚など。

20179mgmdb2

早速、美味しい匂いに引き寄せられ並んだ旦那さんが
カニとシュリンプ(ラージサイズ)をオーダーしたところ、
スタッフさんから

「よぉ~、兄ちゃん、こんだけでいいのかい!?もっと持って行きなよ」

CIMG3175

と一緒に渡された焼きたてステーキなど。
どちらもグルメの名前に恥じないお味だそうで、

01

私もステーキをお好みのレアで焼いてもらいました。
カジノで負けたけどヴェガスに来た甲斐がありました(苦笑)。

ただ、カニは甘くて美味しかったものの、
カラが大きすぎてハサミを入れるのがちょっと大変でした。

CIMG3183

 数々の映画スターの写真

店内奥の方には、MGMに縁がある映画のシーンや撮影現場、
パーティーの様子などを収めた写真がたくさん飾られています。

CIMG3189

お恥ずかしながら、私の知っている方は、ソフィアローレンさん
しかいなかったので、美女2人の写真を記念に撮影したところ、
後で調べたら、結構有名な写真だったんですね!

後のインタヴューで、ソフィアさんが自分の表情について、

「右のジェーン マンスフィールドさんの胸が自分のお皿に
こぼれてくるんじゃないかと思った」

と答えたそう。

いやはや、セクシー路線が一世風靡した50年代。
今となっては、この写真も古き良き時代の名残でしょうか。

CIMG3190

WEEKEND GOURMET DINNER
Friday - Sunday:15 pm- 22 pm



滞在2日目のブランチと3日目のディナーは、
アリアのバフェィを利用しました。

そして、引き続き、どちらもマイヴェガス
リワード 2-for-1 利用です(笑)。



 平日ブランチ

営業時間:Mon-Fri 9:00am-15:00pm
料金:$28.99+(Childlen5-12 $14.5)


13:00pm。
受付で、まえもってリワード交換していた私のM lifeカードを提示して、
1人分のブランチ料金USD31.38(税込)=3,561円を支払い店内へ。
CIMG2870

 終日2-For-1アルコール飲み放題メニューもあり

ここのバフェィは、そこそこお洒落で美味しいメニューの他に、
2人で1人無料のアルコール飲み放題(2時間制)メニュー
$19.99+が売りでしょうか。

アルコールの種類は、ビール、ワインの他、
マルガリータなど5種類のカクテルが揃っています。

因みに、今回、ディナーの際、利用してみましたが、
ビール以外、どれも甘くてあまり飲めませんでした(苦笑)。
CIMG3063

店内の客入りは5割り程。
もっとも、最大収容人数765人を誇る巨大レストランなので、
お客さんの数は300人以上でしょうか!?

CIMG2886

スタッフさんにお席へアテンドされ、コーヒーを注いでもらい、
バフェィカウンターへ。

CIMG2885

 ブランチはディナーとほとんど同じメニュー

結論から先に述べると、平日のブランチとディナーのメニュー内容は、
ほとんど一緒でした(笑)。なので、コスパの面ではブランチに軍配です。


スイーツ全般。
手前のプリンを頂きましたが、
オレンジキュラソーが効いたリッチで上品なお味です。
CIMG3069

アイス。

CIMG2879

中華全般。
全体的に大味です(笑)。

CIMG2882

フォー。

CIMG2887

ピザ。

CIMG2892

お肉。
どれもそこそこジューシーで美味しいです。

CIMG2909


CIMG2910

シーフード。
ムール貝、エビ、ハマグリなど。
どれも生臭みなくフレッシュなお味です。

CIMG3072

ボイルカニ、エビ料理など。
カニはバフェィの中で1番特筆するお品でしょうか。
甘くてとても美味しいです。

CIMG2895

寿司など。
食べなかったのでお味は分からず仕舞い。

CIMG3075

サラダ、フルーツバーなど。

CIMG2897

ブランチはこんな感じで頂きました。

CIMG2902



CIMG2903

あと、ブランチにはエッグステーションがあり、
チーズオムレツを作ってもらいました。

こちらも、シンプルながらそこそこ美味しく頂きました。

CIMG2905

 平日ディナー

営業時間:Mon-Thu 15:00pm-22:00pm
料金:$37.99+

5才~12才の子供料金が大人1人の支払いに対して4人まで無料となる為、
対象年齢のお子様連れの方はディナーの方がお得だと思います。



 ディナー限定スペシャルメニュー

上記のブランチメニューの他、
新たに加わったグリルドサーモンとマグロのお料理が美味しかったです。
CIMG3082

でも、特筆すべきメニューはこの2品のみでした(苦笑)。

CIMG3083

それでも、どちらも絶妙な火加減でおかわりしちゃいました。

CIMG3085


CIMG3089

22:10pm。
ディナータイムは22時までですが、22時過ぎに入って来る人達もチラホラ。
バフェィカウンターもクローズしない為、私達もなんだかんだと言いながら
22時半まで長居して、例の如く、また食べ過ぎてしまいました(笑)。

20179ariadb1




3日目のブランチはミラージへ。
※写真は2015年撮影
CIMG0031

 マイヴェガスのポイントを2-for-1朝食orランチリワードに交換

2人で1人無料の朝食orランチリワード利用条件:
・利用出来ない日あり
・交換後90日以内に利用
・金曜日はランチ設定無し

20179mirage1

 Cravings Buffet

HOURS OF OPERATION: 
BREAKFAST Mon - Fri 7:00 AM - 11:00 AM
MIDWEEK BRUNCH Mon - Thurs 11:00 AM - 3:00 PM
DINNER Daily 3:00 PM - 9:00 PM
WEEKEND BRUNCH Sat - Sun 8:00 AM - 3:00 PM

PRICE(TAX8.25%抜き):
Breakfast: $18.99
Weekday Brunch: $23.99 
Weekend Brunch: $28.99 
Dinner:  Monday – Thursday: $30.99 
Friday – Sunday: $32.99

CIMG3011

11:00am。
店名「Cravings クリ―ヴィングス≒(食欲)切望」
からも期待度アップでやって来ました♪

前もってM life カウンターで私のM lifeカードにリワードを入れてもらい、
受付でカードを提示後、1人分のブランチ代USD23.99≒2,700円を支払い、
特にアテンドさんもおらずセルフで店内へ行き着席。

店内の印象は、綺麗ながらも、
いささかオールドファッション的なインテリアです(笑)。

CIMG2980

 ビールとワインも飲み放題

ここのバフェィの売りは、ズバリこれではないでしょうか。
この時提供されていたビールはBud Light 。
CIMG2979

ワインはカリフォルニア産
Liberty Creek Chardonnay (白)、
Liberty Creek Cabernet Sauvignon (赤)、 
Liberty Creek White Zinfandel (ロゼ)など。

セルフでバーカウンターへ行き、バーテンダーさんに
欲しいアルコールをオーダーするスタイルです。

私達は、この後のカジノプレイに支障をきたすのが怖く、
ビールのみ頂きました(笑)。

あと、お酒をオーダーする際、チップを置く人、
置かない人はそれぞれで、私達は後者でした(苦笑)。

20179mirab1

 ソフトドリンク ステーション

ソフトドリンクも充実していますが、フード同様、セルフサーヴィスです。
CIMG2985

フードは8つのステーションから構成されており、
以降、簡単にピックアップして行きます。


 カーヴィング ステーション

お肉はローストビーフ、ハム、ターキーなどが揃っており、
好みの大きさに切り分けてもらう事も可。
CIMG2993

 アメリカン ステーション

バーベキューリブ、チキンウィング、フィッシュアンドチップスなど。
CIMG2984

 シーフード ステーション

残念ながら、この時のフレッシュボイルシーフードは、
シュリンプカクテル、マリネのみでした。
CIMG2992

その他のシーフードは、
魚介類を煮込んだイタリアンシチュー CIOPPINO、

CIMG2989

グリルド マヒマヒなど。

CIMG2990

 エッグステーション

好みの玉子料理を作ってもらえます。
20179mirab2

その横の作り置きのフレンチトースト、エッグベネディクトなど。

CIMG2998

 ラテンアメリカ ステーション

タコス、サルサ、ブリトーなどメキシカン料理が勢揃い。
CIMG2987

 イタリアン ステーション

パスタや、
CIMG2997

ピザなど。

CIMG2996

 アジアン ステーション

中華、寿司、サラダバーなど。
CIMG2978

 デザート

デザートはグルテンフリーもあり。
CIMG3006


CIMG3007

アイスクリームの代わりにフローズンヨーグルト。

CIMG3008

こんな感じで頂きました。
エビは甘くて美味しく頂いたものの、総じて大味(笑)。
CIMG3001

ミックスオムレツも固かった(苦笑)。

CIMG3003

 まとめ

リワードを利用して、1人約1,350円(税込)のブランチ+ビール&ワイン
飲みホ付きと考えると、まだ納得できますが、自腹正規料金利用だと、
めっちゃ高いブランチという感想です。

ただ、この時だけかどうかは分かりませんが、スタッフさんは少なく、
テーブルのお皿も置きっぱなしが目立ち、殆どの方がチップを置かずに
帰っていたので、変にあれこれ気を使われず、気軽に利用できるという
意味ではお勧めでしょうか。



8:30am。
ホテルの朝食プランは、洋食と和洋琉ブッフェ
と2ヶ所のレストランから選択可。

連泊でも飽きない工夫が施されています。

せっかく沖縄に来たんだからと、和洋琉ブッフェ
「九年母亭(くにぶてい)」をチョイス。

朝食時間:6:30~10:00(LO9:30)

※九年母=沖縄産柑橘類の総称
CIMG1349

ホテル側のエントランスから店内へ。
ホテル正面側には、ランチやディナー
を利用する一般客用エントランスもあり。

CIMG1350

店内は116席と結構広く、この時の客入り約半分。
奥の方の席は空いていましたが、

CIMG1355

他の皆様同様、バフェイカウンター近くのお席に着席。

20177com7

バフェイコーナー。
ホテルHPによると、朝食とランチは、常時80種類以上の
和洋琉折衷のメニューが提供されるそうですが、

ディスプレイが貧弱な為、
え~、うっそ!本当に80種類あるの~!?
って印象です(苦笑)。

20177com6

手前から、ローカル料理の
切干大根、昆布イリチー(炒め物)、モズク酢など。

ここのテーブルだけではありませんが、
もう少し華やかなフードコーディネートが欲しいところ。

全体的に、そこそこ美味しいメニューもあるのですが、
見た目からイマイチな印象を受けちゃいます。

CIMG1366

その他、ホットミールの
チャンプルー、ラフテー、ハム、ウィンナー、スクランブルエッグなど。

CIMG1363

パンやサラダなど。

20177com8

奥のカウンターの焼き鮭、ハッシュドポテトなど。

CIMG1364

沖縄そばと、他のお客さん達が「無いですよ~!」
と叫んでいたけど、結局、最後まで補給されなかった
ゆし豆腐など。

CIMG1365

ライス、プレーン粥、

CIMG1367

その横の具無しカレーと温野菜など。
カレーは業務用カレー、もしくは、それにひと手間加えたようなお味。

ラフテーやウィンナーなど、他のメニューを加えて、オリジナルカレー
も作れそうですが、そのようなトッピング人気ランキング的な指南書
も無い為、皆様、せいぜい温野菜を入れて食べているのが関の山。

旦那さんは「具が全然入ってない」など、
1人ゴチながら食べていました(笑)。

CIMG1368

ドリンク、お茶類。

CIMG1360

ホット、アイスコーヒーなど。

CIMG1358

テイクアウェイ用のコーヒーもあり。

CIMG1357

こんな感じで頂きました。

CIMG1369

お料理はスタッフさんが時々補給している印象。

セルフだから殆どスタッフさんと接点も無かったけど、
もう少し元気な挨拶があれば、

「ホテルのレストランに来た!」

という雰囲気が味わえたような気がします。

最後まで街中の食堂ブッフェ感が拭えませんでした(苦笑)。

琉球料理、カレー、コーヒーテイクアウェイなどなど、
需要のツボは押さえていると思うので、
今後に期待でしょうか。






8:00am。
宿泊プランに付いている朝食を頂きに
ビーチロードキッチンへやって来ました。

収容人数約200人を誇る巨大なレストランです。

以前から美味しいとの評判を聞いていたので、
1度訪れてみたいと思っていました。

CIMG0900

朝食バフェィSGD42++≒4,000円。

マリオットゴールド会員特典では有料となる為、
宿泊パッケージなどでお得に利用したいところです。

CIMG8194

結構混んでいる中、

CIMG0907

このようなテーブル席に案内されて着席。
早速、コーヒーを頂きます。

CIMG0908

アウトサイドのお席もあり。

CIMG0952

こちらのジュース、水などは、
ラウンジで提供されているものと同じですが、

CIMG0909

違う点といえば、ジューサーミキサーで
好みのジュースをその場で作って頂ける事で、

CIMG0935

この日のジュースメニューなども用意されています。

CIMG0958

早速、上記のミックスジュースを作って頂いたところ、
見た目と違って、とてもフレッシュで甘くて美味しかったです!

CIMG0956

以降、全部は到底撮影できなかった、
膨大なフードメニューの1部をアップしていきます(笑)。

ハムやチーズなど。
20176br5

ペストリー、ドーナッツなど。

CIMG0933

ワッフル、フレンチトースト ステーションでは、
旦那さんがそれぞれその場で作って頂き、
どちらもとても美味しかったそうです。

CIMG0961

ヴェジタブル、

CIMG0943

フルーツなど。

ラウンジと同じものもありますが、品数は圧倒的にこちらに軍配。

20176br4

ヤクルト、牛乳、豆乳プリンなど。

CIMG0947

インディアンミールカウンター。

CIMG0910

いろいろ珍しいメニューもありましたが、
その他ジャンルのメニューも多かった為、
頂くことが出来ませんでした(苦笑)。

20176br3

点心、中華系。

20176br2

行列のエッグステーション横の巨大ハム。

CIMG0939

その隣の各種ウィンナーやベーコンなど。

CIMG0926

ピザ、キッシュ、パイ、クロワッサンなど。

CIMG0914

グラタン、玉子料理など。

CIMG0916

ヌードルステーションでは、
横の棚に置かれた各種ヌードル、具材からお好みをチョイスして、

CIMG0942

マイヌードルを作ってもらえます。

CIMG0931

その横のお粥ステーションでは、
プレーンとダックの2種が類提供されており、
どちらもメチャ美味でした。

CIMG0932

お菓子など。

CIMG0930

こんな感じで3回転ぐらい、
どれも総じて美味しく頂きましたが、
到底、全ジャンル制覇には及ばず、

「あぁ~!せめて胃袋が3つあったらなぁ!」

という感想となりました。(´>∀<`)ゝ

また、機会を見つけて、是非、訪れてみたいです♪

CIMG0928

Beach Road Kitchen
Buffet Breakfast ($42++)  or A la carte 
6:30 to 10:30am, Monday thru Friday 
6:30 to 11:00am, Saturday and Sunday

↑このページのトップヘ