JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:DoubleTreebyHilton



9:00am。
1Fのリヴァーサイドレストランに朝食を食べに
やって来ました。

チェックインの際、翌朝の朝食は大変混雑が予想
されるので、前もって利用時間を決めて頂きたい
と言われ、伝えておいたので、待つ事無くお席に
案内して頂けました。
CIMG0639

忙しい中、スタッフさんがテキパキ笑顔で
ドリンクのオーダーを聞きに来てくれて、
2人共コーヒーを注文してお席を後に。

ジュース類。
CIMG0641

ポテト、野菜、タマゴ、ベーコンなどのホットミール。

CIMG0654

お粥はプレーンの他、

CIMG0644

鶏ガラだしの中華粥もあり。

CIMG0643

沖縄郷土料理のそばやチャンプルーなど。

CIMG0652

エッグステーション。

CIMG0657

私もアーサー入り沖縄風オムレツとプレーンを2つ注文。
相変わらず、お味は程よくコッテリ、リッチなオムレツです。
ただ、サイズが小さいので、普通の人でも2つは余裕かと?

20174dtbh2

こちらは殆ど品切れ状態の沖縄郷土料理の品々ですが(苦笑)、
無くなりそうになるとすぐに出来たてが提供されていました。

CIMG0656

フルーツはどれも甘くてビックリです。

CIMG0655

その他、ご飯、納豆、漬物、味噌汁など。

CIMG0659

奥のベーカリーコーナーには、

CIMG0646

前回来た時には無かった、
チョコレートファウンテンや
パンケーキのコーナーも設けられていました。
CIMG0648

その他パンなど。
CIMG0649

これらバターもめちゃウマです。

CIMG0668

こんな感じで頂きました。

CIMG0663

前回に比べて、お料理のお味もスタッフさん達の
サーヴィスも格段にアップした印象を受けたので、

食事を終え、レストランを後にする際、受付にいた
マネージャーさんやチーフさんらしき方々に、
思わず、その通りの事を伝えたところ、

皆、顔をクシャッとしながら素敵な笑顔と共に
お礼が返って来たので、スタッフ一同団結して
頑張っている印象も受けました。

ただ、個人的には、最近、なかなか気軽に宿泊
出来ない料金になってきたので、複雑な思いも
あるのですが。σ(・´ω・`;)




19:00pm。
あしびなーからタクシーで
旭橋のダブルツリー バイ ヒルトン那覇へ。

前もって、旦那さんのヒルトンアカウント内に提示された
いくつかのアップグレード済みのお部屋の中から、
好きなお部屋をチョイスしてチェックイン済み。

カウンターで更なるアップグレードがあるかも!?

と期待してフロントへ向かってみるも、

そのまんまのお部屋での案内でした(笑)。

今回の宿泊代はヒルトン6,000pt+6,331円。

ヒルトンポイントは1pt≒0.3~0.5円ぐらい
の価値と捉えているので、

∴約9,000円/泊

土曜宿泊ということもあり、まぁ、お得だったかなと。
CIMG0450

お部屋に向かう前に、
ゴールド会員特典で頂いたドリンク券を、
1Fのレストランで有り難く利用させて頂きます。

CIMG0480

2人ともオリオンビールをオーダー。
キンキンに冷えていて美味い!
ご馳走様でした♪

CIMG0484

お部屋は6階。

CIMG0452

お部屋の前。

CIMG0627

ヒルトン オナーズ ルーム。

CIMG0628

お部屋見取り図。広さは25㎡前後。
廊下がある分、お部屋はやや狭く感じます。

ただ、昨年10月に宿泊したゲストルーム キング
のお部屋に比べると、クローゼットが広く、
冷蔵庫などと一緒に入口側に設置されているので、
その分、室内がスッキリしている印象も。

CIMG0453

入ってすぐのクローゼット。

CIMG0456

そのお隣の買ってきたものを入れちゃっているカラの冷蔵庫。
コーヒーは前回と変わってネスプレッソでのご提供。

CIMG0630

お部屋の方を。

CIMG0459

お部屋の中から廊下、冷蔵庫の方を。
お部屋はスッキリ使えましたが、やはり、
必要の都度、冷蔵庫やクローゼットまで
往復するのがちょっと面倒でした(苦笑)。

CIMG0458

バスルーム。

CIMG0471

アメニティも前回のピーター トーマス ロスから
クラブツリー&イ―ヴリンに変更。

CIMG0476

ヴァーヴェナ&ラヴェンダーの
柑橘系フレグランスです。

これも嫌いではありませんが、先月メルボルンの
ダブルツリーで提供された最新のバスアメニティ
「Aroma Actives アロマ アクティヴ」の方が
ピュアエッセンシャルオイルたっぷりの
フレグランスで癒されます。

CIMG0478

お部屋の中へ。

CIMG0460

前回と違って、ベッドのヘッドボードの革もはがれておらず、
リノヴェ済みの新しいお部屋です。

CIMG0472

ベッドサイドからデスク、窓側を。
TVも前回の26インチから40インチに変更。

CIMG0474

TV横のラゲージラック、スリッパ、パジャマなど。
ラゲージラックはクローゼット側にもあり。

CIMG0479

コンプのお水、お菓子、そして、クッキーなど。

20174dtbh1

窓からの景色はこんな感じ。
前回より1フロア下だったからか、
前回は気にならなかった道路の騒音が
ほんの少しだけ気になりました。

CIMG0631





「ダブルツリー バイ ヒルトン ホテル メルボルン
 フリンダース ストリート概要」  

開業年:2014年12月
建物階数:15階
総客室数:180室  
お部屋の広さ:22㎡ 前後
※1部バルコニー付きのお部屋あり
Check-in/out:15pm/12pm  

ホテルの沿革:
・2002年ラマダホテルメルボルンとして開業
・2006年アコーシティゲートホテルとしてリブランド
・2014年数百万ドル規模のリノヴェ―ションを経てダブルツリーに  

備考:
・優れた防音環境
※隣の部屋の大きな音は響きます
・ノンスモーキングホテル
・24時間営業のフィットネスセンター、  
 ビジネスセンターあり(共に宿泊客は無料)

ヒルトンゴールド会員特典の無料朝食:
・1Fレストラン「Platform270」バフェィ内の
 手前のパンやコールドミールカウンターのみ利用可
・+AUD10/人で奥のホットミールカウンターも利用可
  


今回はヒルトンのポイント&マネーを利用して、
スタンダードのお部屋を15,000pt+AUD103.6≒8,300円/泊で予約。

12:15pm。
低層階で良ければすぐお部屋に案内出来るという事で、
有り難くチェックインさせて頂きます。

アサインされたお部屋は5階。
ヴューなしのスタンダードのお部屋からフリンダース ストリート
ステーション ヴューのお部屋へアップグレードして頂きました。
CIMG9826

5階の廊下の様子。

CIMG9827

お部屋の位置とフロア見取り図。
広さはどの部屋も大体22㎡前後と各宿泊サイトに記載されていますが、

こうやって、ジッと見ると、
各お部屋、形が違ったりで、微妙に広さも違うような気がします。

CIMG9829

お部屋に入って、
すぐ正面にあるバスタブなしの3ポイントバスルーム。
水圧、水温は問題無し。水はけに少々難あり。

CIMG9831

バスアメニティは、英国高級スキンケアブランド
「Aromatherapy Associates」の創業者兼社長が、
より多くの人々にアロマテラピーの良さを知ってもらいたい
という願いを込めて、お手頃価格で2013年に発売された
スキンケアブランド「Aroma Actives」

アロエを中心とした、とても柔らかで甘く癒される香りです。
正直、テクスチャーや使用感は普通なのですが、ジム用に購入
してもいいかなと思いました♪

その他、歯ブラシやシェーヴィングキットなどは用意されて
いないので、必要な方は、係りの方に申し出る必要あり。

CIMG9832

お部屋の方へ。

CIMG9833

お決まりのクッキーも頂きました。

DSC07415

ヒルトンゴールドの特典は、翌朝早いチェックアウトだった為、
朝食ではなくポイントを選択した他、1階のレストランでAUD50
使ったらドリンク1杯プレゼントなど。

ま、スル―です(笑)。

CIMG9843

デスク側からベッドの方を。

CIMG9834

キングサイズベッドは、ダブルツリーご自慢のSWEET DREAMS® BED。
マットレスは全米売上げNo1マットレスメーカー「Serta」社製。

寝心地の良さは言うまでも無く。
CIMG9835

ベッドサイドからデスク、入口の方を。
TVは32インチで日本語放送視聴不可。
ベッドからは少々見にくかったです。

CIMG9839


CIMG9838

スリッパの用意あり。

CIMG9837

窓からの眺め。
駅の後ろには、スカイデッキで有名なユーレカタワーなども見えます。

CIMG9841

夜景。

CIMG0098

左の方には、
ブルーに輝くアートセンターの尖塔なども見えます。

2017dbhm2


大通りに面した低層階のお部屋でしたが、
騒音も聞こえずゆっくり眠る事が出来ました。

もっとも、カジノで負けて来た旦那さんは、
悔しくてほとんど眠れなかったそうですが(笑)。





12:10pm。
グランドハイアットを12pmにチェックアウト後、そのまま歩いて
2泊目のホテル、ダブルツリー バイ ヒルトン メルボルンに到着。

本当は、1泊目こっちで、2泊目ハイアットと行きたかったのですが、
F1開催と重なりホテル代が高騰している中、2泊ともポイント利用で
安く押さえようとしたところ、順番が逆になってしまいました。

ホテルエントランス。※写真は2016年3月撮影
CIMG3200

ホテル目の前にはフリンダース ストリート駅、

CIMG9850

向かって左隣にはダイソー、

CIMG3199

右側にはお洒落カフェが立ち並ぶ
デグレーヴス ストリートなどがあります。
CIMG9981

この路地でたまたま見つけたヘアサロンの看板。
メンズカットAUD5.5≒450円って、めっちゃ安いですよね!

CIMG0053

再び、ホテル向かって左側にある
美味しそうなサンドイッチ屋さんへ。

CIMG9818

結構、ボリューミィーでお値段400円ぐらい。
残念ながら、昨年同様食べそびれてしまいました。

CIMG9819

そのお隣のファストフードショップスなど。

CIMG9849

通りを右に曲がると、

CIMG9923

朝からミッドナイトまで営業している
スーパーマーケット「Coles」や、

CIMG9816

23時まで営業している酒屋さん「LiquorLand 」
などが立ち並び、飲食に困る事がないエリアです。

CIMG9814

さて、前フリ長くなりましたが、
改めて、ホテルの中へ。

CIMG9821

ロビー奥には、朝食なども頂ける
「Platform 270 Restaurant and Bar」があります。

翌日早い出発だった為、ヒルトンゴールドの特典は、
朝食ではなく1,000ptを頂きました。

CIMG0115

ロビーからエントランスを。
旦那さんがチェックインしている最中、
ロビーの椅子で一休みしようとしたところ、
CIMG0118

ホテルエントランス表脇に座っていたホームレスお二方に、
この写真の男性ではないのですが、煙草をふかしたチンピラ
風のオジサンが怒鳴りながら難癖をつけている場面に遭遇。

オジサンが怒鳴っている言葉を直訳すると、

「おめーら、なんでこんなとこ座ってんだぁ~!働けよ~!etc...」

ホテルのスタッフさんや他のお客さん達と一緒に、
ハラハラドキドキしながら暫く見ていたのですが、
結局、和解した模様?

「まぁ~、煙草でも吸えや~」

など言いながら立ち去って行きました。

CIMG9822

オジサンから煙草を貰って吸っているお二方(笑)。
ま、ホームレスの方々も多いエリアです。

実際、たまたまかもしれませんが、去年より多く見かけ、
特に20歳前後の若い方々を見かけた時は、少し心が痛みました。

CIMG9823

それでも、その後、駅前でホームレス支援団体の方々が
服などを配給している場面にも遭遇し、少し心が温まりました。

CIMG9973





10:00am。
朝食を食べに1Fのレストラン「リヴァーサイド」へ。
受付で新聞を貰って店内へ。
CIMG1453

客入りは約7割りほど。

CIMG1454

このようなお席に着席。

CIMG1458

コンパクトなスペースながらも、
豊富なメニューが並んでいる
バフェィカウンターを端からチェック♪

シリアル。
CIMG1461

食パン、クロワッサン、バゲット、パン・オ・ショコラなど。

CIMG1462

各種ジャムなども用意されていますが、
こちらの宮古島 多良間産黒糖バターは、
黒糖風味爽やかなカスタードクリームみたいなお味。

激ウマです!!!ヽ(≧▽≦)ノ

CIMG1495

ホットミール。
手前からシュウマイ、

CIMG1466

沖縄県産紅芋、

CIMG1467

ソーセージとブロッコリーのソテー、

CIMG1464

スクランブルエッグ、

CIMG1465

鯖の塩焼き、

CIMG1470

焼きそばなど。

CIMG1469

沖縄郷土料理。
しりしり、モズク酢、ソーメンチャンプルー、

CIMG1485

島豆腐、白菜のシークワーサーマリネなど。

CIMG1492

沖縄そばや、

CIMG1471

キビまる豚など。

CIMG1487

お好みトッピングで
マイ沖縄そばが作れちゃいます♪

CIMG1496

その他、
ご飯、お粥、漬物など。

CIMG1475

フルーツ、サラダなど。

CIMG1474

テイクアウェイも可のコーヒー、お茶類、

CIMG1473

ジュース、そして、宮古島の希少種ハイビスカス
「あかばなあ」から生まれたスーパードリンク
『Beni』など。

CIMG1472

エッグステーション。
沖縄風オムレツ、プレーンオムレツ、目玉焼きOK。

CIMG1463

調味料もいろいろ。

CIMG1490

こんな感じで持って来ました。
緑黄色野菜が豊富で有り難いです。

CIMG1479


CIMG1480

そして、最初に焼いてもらった
プレーンオムレツが濃厚で美味しかったので、

CIMG1482

沖縄風オムレツもおかわりしてみたところ、
こちらもアーサー入りで激ウマ!!!

CIMG1494

帰りは入口付近に置かれている
自家製さーたーあんだぎーも1個づつ頂き、
満足感たっぷりの朝食となりました。

自腹で食べていたら1人≒2,000円(サ税込)。
ま、それくらいの価値は十分ある朝食内容だと思います。
CIMG1451

「リヴァーサイド」
朝食営業時間:
6:30am-10:30am 月ー金
6:30am-11:00am 土日祝
料金:1,700円++/人

↑このページのトップヘ