JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:DoubleTreebyHilton



9:30am。
ヒルトンゴールド会員特典の無料朝食を頂きに、
1Fロビー レストラン「Platform 270」へやって来ました。

因みに、前回はチェックアウトが早かった為、
朝食の代わりに1,000ptを選択しました。

※写真は前日深夜撮影です
DSC08678

店内の主なレイアウトは、中央にパンやシリアル、フルーツ、ジュース
などが置かれた、いわゆるコールドミールテーブル、奥にホットミール
カウンター、それらを囲むようにテーブル、ソファ席が配置されています。

DSC08680

この時は、旦那さんが1足早くこのようなテーブル席で朝食を頂いており、

DSC08854

遅れてやって来た私が、
テーブルに座る前に恒例の写真撮影をスタート。

まさか、この時は、ここのレストランのゴールド会員特典の無料朝食が、
他とちょっと違うスタイルだとは夢にも思わず。

DSC08855

中央のコールドミールテーブルへ。
パン類など。お味は普通に美味しいレヴェルです。

DSC08866

業務用のオレンジ&アップルジュース。

DSC08863

反対側のフルーツ、シリアルなど。

DSC08882

テーブル奥から正面の方を。

DSC08879

その他、サイドにセルフジューサーミキサーや、
コーヒー、紅茶類、

DSC08881

お粥などもあります。

DSC08887

お次はホットミールカウンターへ。
スクランブルエッグ、ベイクドビーンズ、トマト、ハッシュブラウンズ、
ウィンナー、ベーコン、キッシュ、野菜ソテー、チャーハンなどがパン
に入れられ保温されて並んでいます。

オムレツなどの玉子料理は、レストラン受付でオーダーするシステムです。

DSC08870


DSC08880

そして、パパっと撮影した後、
ひとまず、ホットミールをお皿に盛ってお席に着くと、

旦那:「ホットミールは +AUD10/人 払わないとなんだってさ~」

私:「ゲッ!ウッソ!マジ!?」

正直、見た目的にも+AUD10の価値はないだろうということで、
ダメもとでスタッフさんに間違って取った旨を伝えたところ、
次回から気を付けて下さい、お代は結構ですという事に(感謝)。

DSC08857

タダにしてもらったホットミールを全部平らげて言うのもおこがましい
のですが、やはり、+AUD10払わなくて良かったです(苦笑)。

ただ、玉子料理を受付で注文しない限り、
間違って食べても分からないんじゃないのか?とも思いました。

そして、自腹なら絶対食べれない正規料金にも驚きました(笑)。



Platform 270 Breakfast
Buffet  AUD33(Children AUD16.5), 
A la carte

Hours:
Mon-Fri  6:30am-10:00am
Sat-San 6:30am-11:00am



今回は、チェックインが深夜で2度目の滞在という事もあり、お部屋へ
行く前に、サッと翌朝のホテル周辺散策からスタートさせて頂きます。

ホテルエントランス前。
DSC09064

お隣2Fにあるダイソー。
お値段は日本の2倍前後。めっちゃ高く感じます。
都内の100均が連日外国人客で大盛況な事を改めて納得(笑)。
DSC09455

ホテル周辺にはカフェ、ファストフードなどが軒を連ねているので、
ホテルでヒルトンゴールド会員特典の有償ホットミール(AU$10)を
頂くなら、無料のコールドミールだけに留めておいて、外で好きな
朝食を食べた方がいいと思いました。

間違ってホットミールを少し食べちゃってタダにして貰ったのに
言うのもおこがましいのですが。( ´゚m゚)

DSC08891

フロントデスク。
お部屋はホテルサイトから一番安い窓無しキングルームを
AU$191.89=17,277円/泊(クレジットカード決済手数料1.5%込)、
前日までキャンセル可で予約。

DSC09065

深夜12時過ぎチェックイン。
お決まりのクッキーを頂き、チェックアウトは13時までOK。

DSC08653

お部屋もアップして頂き12Fシティヴュールームへ。
正直、お部屋は前回のフリンダースステーションヴュー
の方が良かったものの、この時は、駅全体外壁工事中。

いずれにせよ、前回同様、
ホテルと旦那さんのゴールド会員に感謝です。

DSC08693

お部屋に到着。

DSC08704

フロア見取り図&お部屋の位置。

広さは22㎡前後。

お部屋のインテリアは前回とほとんど一緒なので、
以降、サッと流していきます。
DSC08772

バスタブなし3ポイントバスルーム。

DSC08764


DSCN0117

バスアメニティは「クラブツリー イーヴリン」
ヴァーベナ&ラヴェンダーシリーズとシャワーキャップのみ。

てっきり、前回のお部屋同様、「アロマ アクティヴス」だと
思っていましたが、お部屋ごとバスアメニティも違うんですね。

DSCN0120

クローゼット、冷蔵庫など。

DSC08782

スリッパ。

DSC08785

コンプのお茶類など。

DSC08794

お部屋の中へ。

DSC08718


BlogPaint

コンプのお水は2本。

BlogPaint

枕元にお休みチョコあり。

DSC08749

窓からの景色はこんな感じ。

DSC08807

眼下のエリザベス ストリート。
道の中央にトラムステーション、
サイドに飲食店、酒屋、スーパーなどが立ち並んでいます。

DSC08810

翌朝。

DSCN0154

外の騒音は、前回5Fに滞在したとき同様、
全く響いて来ませんでした。

ただ、今回は、隣のお部屋のTVの音が若干響きました。
それでも、さして気にならないレヴェルなのでご安心を。

DSCN0147




23:40pm。
タクシーで今晩の宿泊ホテル「ダブルツリー バイ ヒルトン メルボルン」
まで向かいます。待たずにすぐ乗車完了♪
BlogPaint

本当は、料金1人AUD19のスカイバスも候補でしたが、前回乗車した時、
終点サザンクロス駅で宿泊先ホテルまでの無料シャトルバスを結構待っ
たので(20分ぐらいですが)、時間も時間という事で、手っ取り早く
タクシーで向かう事にしました。

CIMG2623

 ヴィクトリア州タクシー料金検索サイト

なお、ヴィクトリア州政府によって運営されている下記のタクシーサイトで、
乗車地から目的地までのアドレス、乗車時間帯を入れ、およそのタクシー料金
目安も出せるので、タクシー利用予定の方はチェックしてみてください。


The Taxi Services Commission (TSC)


2017meltaxi2


事前にメルボルン国際空港から今回の宿泊ホテル「ダブルツリー」
の住所を入れて23時、0時台で検索してみたところ、走行距離約24km、
空港サーチャージ、高速代込みで平均$67~77と出てきました。


※その他、金土曜日深夜料金、ホリディ料金など
ピークレートあり

201710meltaxi5



そして、実際、乗車時間約30分、料金AUD74.4でホテルに到着。
DSC08663

今年3月のデイタイムに近くの「グランドハイアット」まで
同じ乗車時間で到着した時はAUD57.22の支払いだったので、
やはり、深夜タクシーは割高だなぁ!と痛感。

ま、レイトチェックアウトが出来た分、まだ救われました。

なので、次回、深夜到着便を利用する場合は、タクシーを利用しなくても
済むエアポートホテル、もしくは、スカイバス終点サザンクロス駅周辺
ホテルでリーズナブルなところに宿泊した方がいいと思いました。


●   ●   ●   ●   ●   ●   ●


さて、今年はこの記事をもちまして最後の更新とさせて頂きます。
次回の更新は年明け3連休以降を予定しています。

皆様、今年もお世話になりました。来年も引き続き宜しくお願い致します。
そして、どうぞ良いお年をお迎えください。

DSCN0174





9:00am。
1Fのリヴァーサイドレストランに朝食を食べに
やって来ました。

チェックインの際、翌朝の朝食は大変混雑が予想
されるので、前もって利用時間を決めて頂きたい
と言われ、伝えておいたので、待つ事無くお席に
案内して頂けました。
CIMG0639

忙しい中、スタッフさんがテキパキ笑顔で
ドリンクのオーダーを聞きに来てくれて、
2人共コーヒーを注文してお席を後に。

ジュース類。
CIMG0641

ポテト、野菜、タマゴ、ベーコンなどのホットミール。

CIMG0654

お粥はプレーンの他、

CIMG0644

鶏ガラだしの中華粥もあり。

CIMG0643

沖縄郷土料理のそばやチャンプルーなど。

CIMG0652

エッグステーション。

CIMG0657

私もアーサー入り沖縄風オムレツとプレーンを2つ注文。
相変わらず、お味は程よくコッテリ、リッチなオムレツです。
ただ、サイズが小さいので、普通の人でも2つは余裕かと?

20174dtbh2

こちらは殆ど品切れ状態の沖縄郷土料理の品々ですが(苦笑)、
無くなりそうになるとすぐに出来たてが提供されていました。

CIMG0656

フルーツはどれも甘くてビックリです。

CIMG0655

その他、ご飯、納豆、漬物、味噌汁など。

CIMG0659

奥のベーカリーコーナーには、

CIMG0646

前回来た時には無かった、
チョコレートファウンテンや
パンケーキのコーナーも設けられていました。
CIMG0648

その他パンなど。
CIMG0649

これらバターもめちゃウマです。

CIMG0668

こんな感じで頂きました。

CIMG0663

前回に比べて、お料理のお味もスタッフさん達の
サーヴィスも格段にアップした印象を受けたので、

食事を終え、レストランを後にする際、受付にいた
マネージャーさんやチーフさんらしき方々に、
思わず、その通りの事を伝えたところ、

皆、顔をクシャッとしながら素敵な笑顔と共に
お礼が返って来たので、スタッフ一同団結して
頑張っている印象も受けました。

ただ、個人的には、最近、なかなか気軽に宿泊
出来ない料金になってきたので、複雑な思いも
あるのですが。σ(・´ω・`;)




19:00pm。
あしびなーからタクシーで
旭橋のダブルツリー バイ ヒルトン那覇へ。

前もって、旦那さんのヒルトンアカウント内に提示された
いくつかのアップグレード済みのお部屋の中から、
好きなお部屋をチョイスしてチェックイン済み。

カウンターで更なるアップグレードがあるかも!?

と期待してフロントへ向かってみるも、

そのまんまのお部屋での案内でした(笑)。

今回の宿泊代はヒルトン6,000pt+6,331円。

ヒルトンポイントは1pt≒0.3~0.5円ぐらい
の価値と捉えているので、

∴約9,000円/泊

土曜宿泊ということもあり、まぁ、お得だったかなと。
CIMG0450

お部屋に向かう前に、
ゴールド会員特典で頂いたドリンク券を、
1Fのレストランで有り難く利用させて頂きます。

CIMG0480

2人ともオリオンビールをオーダー。
キンキンに冷えていて美味い!
ご馳走様でした♪

CIMG0484

お部屋は6階。

CIMG0452

お部屋の前。

CIMG0627

ヒルトン オナーズ ルーム。

CIMG0628

お部屋見取り図。広さは25㎡前後。
廊下がある分、お部屋はやや狭く感じます。

ただ、昨年10月に宿泊したゲストルーム キング
のお部屋に比べると、クローゼットが広く、
冷蔵庫などと一緒に入口側に設置されているので、
その分、室内がスッキリしている印象も。

CIMG0453

入ってすぐのクローゼット。

CIMG0456

そのお隣の買ってきたものを入れちゃっているカラの冷蔵庫。
コーヒーは前回と変わってネスプレッソでのご提供。

CIMG0630

お部屋の方を。

CIMG0459

お部屋の中から廊下、冷蔵庫の方を。
お部屋はスッキリ使えましたが、やはり、
必要の都度、冷蔵庫やクローゼットまで
往復するのがちょっと面倒でした(苦笑)。

CIMG0458

バスルーム。

CIMG0471

アメニティも前回のピーター トーマス ロスから
クラブツリー&イ―ヴリンに変更。

CIMG0476

ヴァーヴェナ&ラヴェンダーの
柑橘系フレグランスです。

これも嫌いではありませんが、先月メルボルンの
ダブルツリーで提供された最新のバスアメニティ
「Aroma Actives アロマ アクティヴ」の方が
ピュアエッセンシャルオイルたっぷりの
フレグランスで癒されます。

CIMG0478

お部屋の中へ。

CIMG0460

前回と違って、ベッドのヘッドボードの革もはがれておらず、
リノヴェ済みの新しいお部屋です。

CIMG0472

ベッドサイドからデスク、窓側を。
TVも前回の26インチから40インチに変更。

CIMG0474

TV横のラゲージラック、スリッパ、パジャマなど。
ラゲージラックはクローゼット側にもあり。

CIMG0479

コンプのお水、お菓子、そして、クッキーなど。

20174dtbh1

窓からの景色はこんな感じ。
前回より1フロア下だったからか、
前回は気にならなかった道路の騒音が
ほんの少しだけ気になりました。

CIMG0631


↑このページのトップヘ