JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:HongKong



00:30am@ゲート前。

BlogPaint

FLIGHT SUMMARY

■Gate:64
■Airline:CX
■Flight Number:CX524
■Aircraft type:Boeing 777-300
■Cabin Class:Economy
■Schedule(local time):
 HKG 01:05am-NRT06:15am
■Flight Time:4h10min

CIMG9926

00:45am頃、搭乗が開始され、
多くの上級会員の後から優先搭乗させて頂きます(苦笑)。

Economy Class Seats 。
3-3-3 Configuration シート配置は主に3-3-3。

CIMG9934

シートの様子。
ま、普通のエコノミーシートです。

この時の私のように、大きい方に挟まれながら
真ん中のシートに座ると、圧迫感すら感じます(苦笑)。

CIMG9937

シートバックの様子。

CIMG9936

外は土砂降り。

CIMG9941

9-inch touch-screen monitor
モニターは9-inchタッチ方式。

深夜便のデメリットの1つは、
自分、または周りが就寝中で、
エンタメ鑑賞しづらい事でしょうか。

このフライトも、両サイドの方々が
就寝モードの為、私もひたすら爆睡に徹します。

CIMG9942

少し遅れて出発。

CIMG9944

離陸1.5H後に配られた SNACK 夜食。

・Lemon Tea(Vitasoy 維他奶)
・Cut Fruit
・Muffin
・Slider(プチバーガー)

寝ぼけて、久しぶりに自分にとっては、超激甘で
苦手なヴィタソイの檸檬茶を飲んでしまいました。
(ノロ≦*)

ヴィタソイの檸檬も菊花茶も同じ味に感じるのは
私だけでしょうか?

旦那さんは爆睡中の為、2つとも殆ど手を付けず
返却する事に(トホホ)。

CIMG9947

機内の様子。

CIMG9951

6:00am。
そろそろ成田に到着です。

CIMG9953

だいぶボケましたが、
モニターに映し出された到着GATE 95の案内。
サテライトに到着です。

CIMG9957

6:08am到着。

CIMG9958

サテライトターミナルへ入った時刻は6:22am。

CIMG9961

出発は遅れても、少し早い到着となりました☆

CIMG9964





22:00pm過ぎ。
デイ スイートと称する8つの個室、
フットマッサージ、シャワールーム14室
が集結したエリア「Retreat リトリート」
へやってきました。


受付で各施設の空き状況を尋ねたところ、

・デイ スイート:すぐ利用可
・マッサージ:2時間待ち
・シャワー:すぐ利用可

CIMG9798

という事で、
旦那さんと1部屋ずつデイ スイートと称する
個室を利用させて頂く事になりました。
(利用時間90min)


カーテンで仕切られた個室内の様子。
デイベッドの枕もとには、ブランケット、電源完備。
室内の明るさは、照明、ブラインドで調節可。

DSC03805

デイベッドの足元には、ラゲージ スペース、

CIMG9918

ハンガー、ミラーなど完備。

DSC03804

窓からは滑走路が一望出来、入室した際は、
丁度、目の前で、エミレーツA380が出発前の
エンジンをフル回転中。

うるさいのが苦手な私は、

「こりゃ、ダメだ!」

と滞在約1分で任務完了≒撮影完了し、
撤収する事に(苦笑)。


※移動したシーティングエリアから撮影した
タキシング中のエミレーツA380
CIMG9869

騒音があまり気にならない旦那さんはと言うと、
エミレーツの動画撮影を終え、やっと一眠り
出来るかと思いきや、今度はルフトハンザ
A380がやって来て、

CIMG9890

ルフトハンザの後はアシアナA380と続き、
結局、動画撮影で一睡も出来なかったと。
┐(´∀`)┌ヤレヤレ

CIMG9920

私はデイスイートを退室後、
シャワールームを利用させて頂きます。

入口から正面の洗面化粧台を。
室内はゆとりある落ち着いた空間です。

鏡のサイドに照明が設置されている為、
薄暗い室内でもお化粧直し等に支障はありません。

CIMG9860

バスアメニティはトイレ同様、
オーストラリアのボタニカルブランド
「Aesop イソップ」
ラヴェンダー系の優しいフレグランスです。

その他、アメニティも完備。

CIMG9898

洗面横のトイレ、シャワー。

CIMG9897

シャワーは可動式でレインシャワー付き。

CIMG9859

水温水圧など問題ありません。

この日は屋内外と寒かった為、
レインシャワーを打たせ湯代わりに
利用させて頂きました(笑)。

CIMG9902

23:00pm頃、パントリーの様子。

CIMG9870

深夜にもかかわらず、提供されている品々は、
前回のデイタイムとさして変わらず驚きです。

CIMG9872

またまたスイーツなどを頂きながら、
しばし、搭乗時間まで。。。

CIMG9884

なんだかんだで、
ボーディング タイムとなりました(涙)。

CIMG9865






21:00pm@香港国際空港 

キャセイパシフィック航空  
「THE PIER First Class Lounge
ザ ピア ファーストクラス ラウンジ」へ。

先月に引き続き2度目の訪問です。
因みに、先月に引き続きエコノミー
での利用となります(苦笑)。

CIMG9788

●The Pier First Class Lounge
  Location:Near Gate 63 , Terminal 1
  Hours:Daily from 5:30am~until the last departure

CIMG9790

今回のお目当ては、前回、お腹が一杯で利用出来なかった
「Dining Room ダイニング ルーム」でのディナーです。

準備万端にお腹を空かせてやってきました(笑)。


ラウンジの廊下へ出て、
CIMG9793

案内に従い、

CIMG9794

廊下の突き当りにある「Dining Room ダイニング ルーム」へ。
バーやシーティングエリアの反対側のコーナーです。

CIMG9835

早速、係りの方に案内してもらいます。

CIMG9802

ダイニングの収容人数約100人に対し、
この時の利用率は約3割。

夜でお酒が入っている方が多いせいか、
カジュアルでくつろいだ雰囲気です。

CIMG9803

テーブルに着席。

CIMG9806

バーカウンターの方など。

CIMG9849

メニューを頂き、とりあえず、
サーヴィス コンサルタントを請け負う
「THE PENINSULA ペニンシュラ」
のシャンペーンを注文しますが、

(Click the menu to enlarge)
CIMG9813

今空いているボトルは
「Moet & Chandon Brut N.V」という事で、
メニューには載っていないシャンペーンを
頂きます。


ま、シャンペーンなど滅多に飲めないので、
どんな銘柄でも有り難いです。m(_ _)m

CIMG9820

STARTERS, SWEETS MENU  
前菜、スイーツメニュー。

(Click the menu to enlarge)
CIMG9814

MAINS, DRINKS MENU  
メイン、ドリンクメニュー。

(Click the menu to enlarge)
CIMG9816

最初に、前菜から2品をチョイスしてみました。

CIMG9837

Feta cheese
(Root vegetable, rocket, rosemary honey vinaigrette)

ヤギのチーズは癖が無くアッサリ上品なお味です。
旅先で不足しがちな野菜も豊富に入っています。

CIMG9838

Fragrant chicken
(Chinese lettuce, peanut chili dressing)

チキンはピーナッツの甘さとチリの辛さが入りまじる
濃厚なソースがかかったマレー系フュージョン料理
といった感じでしょうか。結構スパイシーなお味です。

CIMG9840

どちらも予想以上の美味しさに、最初からボディブロー。
そして、カトラリーはワンディッシュごとの交換です(驚)。

CIMG9842

お次は、メインから2品をチョイスしてみました。

noodle1

Lo mien
(Braised beef tenderloin with thin noodles and wonton soup)

CIMG9844

Angus beef burger
(Brioche bun, cheddar, chips)

hunberger2

どちらも柔らかくジューシーな牛肉のお品です。
旦那さん曰く、「久しぶりの牛肉で感激」と(笑)。



この辺で、2人共お腹が膨れてきましたが、
先月から気合を入れての訪問の為、更に
ガッツリ行かせて頂きます。(恥´・艸・)



メインから1品、シグニチャーヌードルから1品をチョイス。



Pan fried salmon
(Spinach, pine nuts, lemon confit, grilled pumpkin)

CIMG9852

Wonton with Noodles in Soup
(Chinese style Shrimp and Pork Dumplings
in chicken broth with vegetables)

CIMG9854

ワンタンヌードルは言うまでも無く、
サーモンも肉厚でフレッシュな美味しさです。。。

いやはや、久しぶりに全部大当たりの品々。
参りました。m(_ _)m

ある意味、飲み過ぎ食べ過ぎ要注意のダイニング
と評価させて頂きます。






19:00pm、香港国際空港T1に到着。
フライトまで6時間少々あります(苦笑)。
CIMG9724

という事で、
以前から1度行ってみたかった
ターミナル2にある”飛行機博物館”

「航空探知館 アヴィエーション ディスカヴァリー センター」 

へ行ってみる事に致します。

HKAPT2map2

ターミナル1のロビーからターミナル2まで
案内パネルに従って徒歩約5分。


ターミナル2チェックイン ロビー Level 5に到着。
ターミナル1と異なるショップも出店しています。

DSC03772

その上のエンタメ施設が集結しているLevel 6へ 。

インドアゴルフ練習場もあり。

●GreenLive AIR
・Location : Level 6, Terminal 2
・Hours:9:00am-21:00pm

CIMG9775

お目当ての場所に到着。

●航空探知館 アヴィエーション ディスカヴァリー センター 
・Location: Level 6, Terminal 2
・Hours:Weekdays: 11:00 - 22:00 Saturdays
  Sundays / Public Holidays : 09:30 - 22:00
・Admission:FREE

CIMG9734

青いゲート内には、その他、映画館、展望デッキ(HKD15)
などがあり、展望デッキにも行きたかったのですが、
この時は雨の為断念。

DSC03773

館内へ。

飛行機に関する様々なものがコンパクトに
展示されているようですが、ここの目玉展示品
Cockpit Simulator コックピット シミュレーターは、

CIMG9735

Under Maintenance メンテナンス中だったり。。。
まぁ、入場料無料だからしょうがないですね(苦笑)。

CIMG9767

その周辺に展示されている
AIRSPACE MODELS 各社様々な飛行機模型。

DSC03777

エンジン。

CIMG9748

Kai Tak Memories 啓徳空港メモリーズなど。
1925年から1998年閉港までの変遷が写真付きで説明されています。

CIMG9737

こちらは30年代のイギリスの航空機メーカー
デ ハヴィランド エアクラフト社のアンテークキャビン
をリメイクしたもの。De Havilland HD-86。

CIMG9750

さらに説明を読むと、

「第1世代旅客機キャビンの1つで、
座ってみて下さい!ノスタルジックな懐中電灯のもと、
過ぎ去りし日々を感じる事が出来ます・・・」

など書かれています。

当時の写真と説明。
CIMG9752

飛行機に関する知識も感性も無い私など、
実際、座ってみても、せいぜいイカ釣り漁船
に乗っているような気分しか味わう事が
出来ませんでしたが。┐(´д`)┌


こちらは50年代のBoeing 377機内に設けられた
ラウンジシートのレプリカ。
CIMG9761

だいぶボケましたが、アームレストには、
ドリンクホルダーと灰皿が設置されています。

hongkongaircigarT21

当時の写真など。

CIMG9760

70年代~80年代。
ここら辺からシートも現在に近い形になってきますね。

CIMG9743

そして、こちらは、
1999年Boeing 747-400S ファーストクラスに登場した
通称"Betsy"と呼ばれるフルフラットシートのリメイク。

CIMG9763

50年代のラウンジシートを見た後では、
意外にフルフラットシートの歴史は浅いのね?
と思ったり。

HKT2betsy1

こちらもやはり人気のようで、
Under Maintenance メンテナンス中。

シートの生地は破れています(笑)。

DSC03782

それでも、コンパクトな無料施設にもかかわらず、
知識の無い私達でも楽しむ事が出来ました☆


「そういえば、昔は窮屈なエコノミーシートで
多くの方々が煙草を吸っていたんだよなぁ!」


など私なりのプチ温故知新も体感出来ました(笑)。








「1881Heritage ヘリテージ」
1994年、香港の建築物文化遺産として認定された
旧香港警隊前水警総部(水上警察署)の建物を中心に
お洒落なブティック、レストラン、高級ホテルなど
が立ち並ぶ尖沙咀の観光スポットです。

CIMG9511
季節ごとに飾られる広場の華やかなデコレーションが
訪れる人々の目を楽しませてくれます。
DSC03694
因みに、この時は1月上旬の為、
デコレーションはまだクリスマス一色。
CIMG9517
広場に飾られている様々なデコレーションを
パシパシ撮影していると、後ろから、
DSC03709
見るからにラブラブなカップルが

カップル:「あなたたちの2ショットを撮ってあげます~」
DSC03706

旦那:「えっ!?結構です(恥ずかしいので)」
DSC03713

カップル:「遠慮しないで~。撮ってあげます~」
heri111

Ginger:「そうですかぁ?じゃぁ、1枚だけお願いします~」
DSC03716
半ば強引に、見ず知らずのラブラブカップルから
2ショット撮影してもらう事に(汗)。
DSC03712

通りすがりの人:「いい歳して2ショットだって(笑)」
DSC03720

2枚程撮影してもらった後、


カップル:「じゃぁ、今度は私達を撮って下さい~」


その後、こちらが少々恥ずかしくなる程の
ラブラブショットを沢山撮影させられた事は
言うまでもなく。
heri222
「撮って下さい」
と最初から言ってくれたら良かったのに~(苦笑)。
heri555



↑このページのトップヘ