JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:Hyatt




お部屋の中へ。
フロア見取り図とお部屋の位置。
お部屋の広さは約33㎡。
CIMG9710

エントランスから入って右側にある4ポイントバスルーム。

今ではもう、アンティークと呼ぶに相応しい
全面イタリア産大理石張りのバスルームでしょうか。

材料費の高騰と、それに代わる新しい素材の出現などで、
このようなバスルームを見かける機会が少なくなりつつあります。

CIMG9711

シャワーブースとトイレ。
シャワーの水圧、水温、水漏れ問題無し。

ただ、このお部屋のシャワーフックは低くスライドできず、
身長160cmちょいの私など、レインシャワーのように
利用させて頂きました(苦笑)。

CIMG9712

ゆとりあるバスタブ。

CIMG9714

必要なアメニティは一式揃っています。

バスアメニティはアメリカのトップ スパ ブランド
『JUNE JACOBS SPA COLLECTION
GREEN TEA AND CUCUMBER』

パラベンフリーで体に優しく、
フレグランスはグリーンティよりキューカンバ系です。

CIMG9713

クローゼット。

CIMG9715

お部屋へ。
アースカラーと木目調の温かみのある、
落ち着いたモダンコンテンポラリーなインテリア。

若干、一昔前のインテリア感も否めませんが(苦笑)。

DSC07160

防音環境は隣接する水回りの音だけが、
時折「ゴーッ」って響きますが、
うるさいというレヴェルではありません。

DSC07158

TVはシャープ アクオス32インチ。
日本語放送視聴不可。

ウッディなワーキング兼ダイニングテーブルに
レザー張りのチェアとL字ソファが居住性空間を演出。

DSC07162

しかし、テーブルや椅子はやや重く、
動かすのが結構面倒でした。

雑誌などが置かれているキャビネットの蓋を開けると
LANケーブルが収納されています。

CIMG9719

キングサイズのベット。
お部屋の照明は暗めですが、
ベッドサイドには読書灯もあり。

コンプのお水は2本。

DSC07174

マットレスは全米老舗ベッドメーカー
シーリー社製のピロートップ(マットレスとパット一体型)。

DSC07176

シーツやデュヴェ カヴァーはオーストラリア製
マルコポーロ ホテルコレクション エジプト綿100%。

ベッドの体を包み込むような心地良い弾力と、
シーツのなめらかな肌触り。

寝心地の良さは言うまでも無く。

DSC07175

ミニバー。

DSC07163

コンプのコーヒーはシドニー本店カフェブランド CAFFÉ AURORA、
お茶類は地元メルボルン発祥の紅茶ブランド T2(ティーツー)、
その他、変換プラグ、オープナーなど。

DSC07164

フリッジの中。

DSC07166

窓からの眺め。
ヤラリヴァーと反対側のシティヴューです。

CIMG9798

ラッセルストリートとコリンズストリート交差点角の
長老派教会スコッツチャーチ、その奥のウエストパック銀行など。

CIMG9800

眼下のホテル9階にあるテニスコート、
ゴルフネット、バスケットボールコートなど。

その他、今回は利用しませんでしたが、
同フロアにはプール、ジムなどもあり。

CIMG9801

夜景。

DSC07397

夜のホテル外観。

DSC07388

今回は、ホテルの立地が良かった分、いつにも増して、
あっちこっち無料トラムで移動出来た反面、せっかくの
高級ホテル滞在はほとんど出来ず、非常に勿体無い宿泊
となりました(苦笑)。




「グランド ハイアット メルボルン概要」

・開業年:1986年
・建物階数:33階
・総客室数:550客室 
・スタンダード:33㎡~
・スイート:80㎡~
・Check-in/out:14pm/11am  

 備考:
2Fエントランス目の前に無料トラム駅
・ハイエンドブランドストリートに立地
・徒歩15分圏内に歴史的建造物多々あり
・徒歩10分圏内に深夜まで営業している
 飲食街多数あり
 
など。
 


13:30pm。
メルボルン空港からタクシーで約27km飛ばして、
1泊目のホテル「グランド ハイアット メルボルン」に到着。

乗車時間約30分、料金AUD57.22≒4,600円なり。

ラッセル ストリート側のホテル メイン エントランス。
CIMG9808
 
とてもフレンドリーなベルさんに「こんにちわ~」
と日本語で挨拶されながら2Fのレセプションへ。

CIMG9804

因みに、2Fにも無料トラムが走っているコリンズ ストリート、
別名ハイエンド ブランド ストリート側にエントランスがあり、

DSC07196

滞在中は、すぐ斜め前の「101 Collins St 駅」から
無料トラムをフル活用させて頂きました。

DSC07200

ホテルレセプション。

今回は、私の期限切れになりそうなハイアットポイント
の消化を兼ねた宿泊で、スタンダードのお部屋を
7,500pt+キャッシュAUD120≒9,600円(税込)/泊で予約。

ここ数年、宿泊実績のない幽霊会員なのにもかかわらず、
すぐにチェックイン、お部屋は高層階へ、レイトチェック
アウトは1時間延長の12pmまで頂きました。

CIMG9705

ロビーでは優雅にハイティなども頂けます。

DSC07186

エレヴェーターへ。
アサインされたお部屋は23階。
キーカードを差し込んで液晶ボタンをタッチ。

DSC07391

23階エレヴェーターロビーに到着。

DSC07394

ロビーの窓からの眺め。
真ん中にヤラ リヴァー、
左にサッカーやラグビーなどの試合が行われるAAMIパーク、
右に緑豊かなバーララングマー パークなど。

DSC07182

お部屋へ。

CIMG9708



↑このページのトップヘ