JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:NARITA

 

 BOADING GATE

10:13am。
ボーディング2分前にお隣のラウンジからゲートへ。
結構な行列が出来ています。
201710jl7737

 FLIGHT SUMMARY

■Gate:92
■Airline:JL
■Flight Number:JL773
■Aircraft type:Boeing 787-8 (SS8)
■Cabin Class:Premium Economy
■Schedule(local time):
NRT10:30am-MEL22:55pm
■Flight Time:10hr 25min 

DSC08445

 JAL SKY PREMIUM

■Seating configuration:2-3-2
■Capacity:35
■Seat width:49cm
■Seat pitch:107cm
■Personal monitor size:12.1 inch

DSC08446

今回はプレエコ最後方21K,Hを指定。
背後にトイレ、斜め後ろにギャレーがあり、何かと便利な反面、
トイレの流す音が少々響く為、音に敏感な方はやや注意です。

シートの上に、アメニティ、ノイキャン、
ブランケット、クッションなどが置かれています。

DSC08449

足元幅は窓1つ分あり、余裕の広さ。

DSC08448

プレエコ最後方から前方を。

DSC08452

シートバック。

DSC08455

読書灯、左右の角度調節が出来るヘッドレストなど。

読書灯は周囲に気を遣わず照らす事が出来GOOD。
反面、ヘッドレストは頭のポジションが合う人には快適だと思います。
上下調節も出来たらいいのですが。

DSC08467

シート間のサイドテーブル付きアームレスト。

他人同士の場合、暗黙の了解でどちらが使用する、もしくは、
どちらも使用しないが決まっちゃいそうですね(苦笑)。

DSC08465

リクライニングボタン、コントローラー。

DSC08473

反対側のアームレスト下にも小物入れあり。

DSC08461

その他、ボタンで調光出来る電動シェード付き窓など。

DSC08497


DSC08499

 TAKE OFF

10:35am。
チョイ遅れでプッシュバック。
DSC08462

ルートマップ。

DSC08468


DSC08469

フライトインフォ。
予定より早く到着出来そうです♪

DSC08470

前後方、多数の飛行機に挟まれながら、

DSCN0064

10:50am 離陸。

DSC08476

成田周辺の景色が見えたのもつかの間。
しばらくすると、すぐ雲の中、上空へ。
DSCN0078


DSCN0084

11:10am シートベルトサインオフ。
プレエコキャビンの様子。

DSC08482

エコノミーキャビンの様子など。
搭乗率9割ぐらいの印象です。

DSC08484

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT

観たい映画はあったものの、顔が化粧かぶれで痛痒く、
ジックリ鑑賞できないだろうという事で、
薬を塗りながらふて寝して行くことに(苦笑)。
DSC08464

 LUNCH

11:40am。
ドリンクサーヴィスでシャンペーンを頂きます。
201710jl7734

12:15pm。
ランチの配膳スタート。
実は、これ、先月NRT-LAX間で提供された
若き料理人たちによる機内食メニューと同じでした(笑)。

それでも、それぞれが同じメニューを美味しく頂きました。

私:井上シェフの「マイルドエビチリ翡翠ライス添え」
DSC08509

旦那さん:桂シェフの「ハンバーグパプリカの
ケチャップ風ソースフェットチーネクリームソース」

201710jl7735

食後、私は、いつも飛行機やオージー情報などを
勉強させて頂いているぱぴるすさんのブログ

「大きなやかん・・・なみあし日記 From Australia」

で予習していたパプアニューギニア手前で見える
「バタフライアイランド」を見るまでしばし就寝。

DSCN0101

 バタフライアイランド

日本時間15:30pm(出発約5時間後)。
旦那さんに起こしてもらい起床。

DSC08544

程なくして、パプアニューギニア手前のニニゴ諸島を通過。
上手く行けば、A席側の窓からバタフライアイランドが見えそうです。

DSC08534

しかし、全く機内アナウンスも無い為、 後ろのギャレーへ行き、
CAさんに聞いてみたところ、長い会話を短縮して、


「えっ、バタフライアイランド!?今日は全然ダメね。

今日どころか、私は今月から乗っているけど全然ダメ。
先月まで乗ってたシドニー線ではよく綺麗に見えてたから、
バタフライアイランドが見たいんなら、シドニー線に乗った方がいいよ


「あ~、そうっすかぁ~、じゃぁ、次回はシドニー線に乗ります」



「そうしな、そうしな」


DSC08532

CAさんに飲み物とスナックを頼んで席に戻ると、
飛行機は既にパプアニューギニア島へ。

日頃の行いが悪いから見えなかったのでしょうが、
新規開設路線で他の路線に乗れとまで言われるとは思いませんでした(笑)。

なお、この後、同機Cキャビンに搭乗されたぱぴるすさんは、
上記のリンク記事の通り、ご覧になることが出来たようで、
全く羨ましい限りです。
DSC08565

 SNACK

私はブラディメアリーを。
DSC08600

旦那さんはうどんとコーンポタージュパンを頂きます。

DSC08615

メルボルン時間19:15pm(出発約7時間後)。
そろそろサンセットタイム。残念ながら綺麗に撮影出来ず。

DSCN0105

 PRIOR TO ARRIVAL

メルボルン時間20:30pm(出発8時間後)。
吉牛が配膳。美味しく頂きました。
DSC08624

 LANDING

22:20pm そろそろ到着です。
DSC08640

メルボルンの街並みも見えてきました!

DSCN0110

22:25pm 着陸。

201710jl7736

 ICパスポート所有の方はスマートゲートで入国を

22:35pm。
すぐにターミナルへ入れたものの、
到着便が重なり、イミグレ前には長蛇の列が出来ています。

ここで、ICパスポート所有の方は、私達が過去に経験してきた
下記の記事のように、さっさとスマートゲートにパスポートを
読み込ませ、簡単に入国が出来るのですが、

メルボルン国際空港/とってもオートマティックで
簡単な入国方法 Apr.`16


今回、初めてこのような行列に遭遇した私達は、この有人
入国審査列に並んでしまい、この後、待ち合わせしていた
ぱぴるすさんを大幅に待たせてしまう結果に。(ノロ≦*)

DSC08646

それでも、その後、ぱぴるすさんとお会いする事ができ、
しばし、楽しいひと時を過ごす事ができました。
・:*:・:感謝(*V∀v艸)感激:・:*:・



連休前平日8:30am 成田ターミナル2。
今回は、9月1日新規開設されたばかりのメルボルン線で行く!
2泊3日(実質2日)弾丸メルボルン旅行でやって来ました。
DSC08382

時間が早いという事もあり、
ロビーもチェックインカウンターもガラガラです。

DSC08385

搭乗ゲートはサテライトラウンジ横92番という事で、
本館経由サテライトラウンジホッピングへレッツらゴー。

DSC08386

8:40am 本館へ。

DSC08389

中に入ると、美顔器&フェイスクリームのキャンペーンが開催されており、

DSC08419

スタッフさんからクリームのサンプルを頂いたのですが、
この時、丁度、化粧かぶれで顔がパンパンに腫れていたので、
これは旦那さんへプレゼント。

個人的には、ラウンジじゃなくてもいいのですが、
空港にジョギングコース、プール、フィットネス、
スパ施設などが出来たらいいなぁと思います。

DSC08417

シーティングエリアもダイニングも空いており、

DSC08413

以降、簡単にフードをチェック。

DSC08397

サラダバー、パーカーハウスロール、

DSC08399

バーニャカウダー、ピンチョス、スープ、カレーなど。

DSC08401

ピンチョスメニュー。

・スモークサーモン&エッグ
・きのこ和風サラダ
・季節のピクルス
・フォアグラ入りレバーペースト
・秋刀魚の甘露煮

DSC08402

その他、朝食メニューのウィンナ、ポテト、

DSC08404

エッグ、

DSC08405

焼き魚、煮物、明太子など。

DSC08408

お酒は先月と同じなので省略して、寿司バーへ。

DSC08415

この時のメニューはこんな感じ。

DSC08412

どれも美味しく頂きました☆

DSC08414

9:30am。
サテライトのJAL免税店で買い物を済ませてラウンジへ。

ここで毎回、旦那さんに、

「どうしていつもサテライトの免税店で買い物をするの?
本館や機内でも買えるじゃない!?」

と聞かれるので、今回は一緒に連れて行き、馴染みのスタッフさんから
テンコ盛りにサンプルを貰っている姿を見せて納得してもらいました。
セコさに脱帽したとも言われましたが。(*・艸・)

DSC08420

こちらも空いています。

DSC08421

ペリエを1杯、

DSC08436

ピンチョスと共に窓側のお席に着席。

DSC08437

窓の外に視線を移すと、これから搭乗するJL773便に
荷物が積まれている最中です。

201710narital1

こうやって、間近で搭乗機を眺めながら美味しいお酒を
飲む機会もそうそうないもので、なかなか乙なものですね~。

DSC08422

そろそろ荷物が積み終わる頃合いを確認して、
ボーディングタイムジャストにゲートへ移動出来ました。

DSC08441





 BOADING GATE

16:55pm。
搭乗ゲートがラウンジ近くだった為、
ボーディングタイムにラウンジを出発し、
20179jl624

17:05pm。
ちょっと出遅れてしまいました(苦笑)。

CIMG2610

 FLIGHT SUMMARY

■Gate:63
■Airline:JL
■Flight Number:JL62
■Aircraft type:Boeing 777-300 (773)
■Cabin Class:Economy
■Schedule(local time):
NRT 17:25pm-LAX 11:40am
■Flight Time:10hr15min 

CIMG2609

 JAL SKY WIDER

■Capacity:147 seats
■Seating configuration : 3-3-3
■Seat width: 47cm
■Seat pitch:84-86cm
■Personal monitor size : 10.6inch


エコノミー先頭シートを通り抜け、
CIMG2616


CIMG2615

非常口横の45A,Bへ着席。
既に周囲にたくさんの人がいた為、
こちらは、反対側45K,Jの写真になります。

CIMG3469

斜め前にギャレーがあり、
その両サイドにトイレがあるポジション。

最初は、うるさいかな?とも思ったのですが、
配膳時以外は、さして音など気になることもなく、
ゆっくり眠ることが出来ました。

あと、トイレの空き状況がすぐ分かる為、
ほとんど待つ事無く利用出来て便利でした。

CIMG2617

ただ、配膳時、プレエコ用カートにシャンペーンなどが
じゃんじゃん積まれていく様子もよく見える為、飲兵衛達
にとっては、非常に格差を感じる席でもありました(苦笑)。

CIMG2645

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT


時差ボケ防止の為、睡眠に徹します。
CIMG2620

 TAKE OFF

17:35pm。
やや遅れでプッシュバック。

48

夕方のラッシュアワーでしょうか?
滑走路も大渋滞。ゆっくり進んでいきます。

CIMG2622

18:00pm。
成田上空へ離陸。

CIMG2630

18:10pm。
銚子・犬吠埼灯台辺りでサンセットをキャッチ。

CIMG2634

 DINNER

離陸30分後のドリンクサーヴィス。
旦那さんはエビス、私はスクリュードライヴァーを頂きます。
CIMG2637

ディナーのメインメニューは、JALさんが協賛している
若き料理人たちによるコンペティション「RED U-35」
のファイナリスト6名のシェフの中から、今回は、

■グランプリ受賞
「szechwan restaurant 陳(中華)」の井上シェフ

■岸朝子賞
「ザ・プリンス パークタワー東京
レストランブリーズヴェール(仏)」の桂シェフ

監修メニューの2択。

20179jl623

私は井上シェフの「マイルドエビチリ翡翠ライス添え」を。

CIMG2640

旦那さんは桂シェフの
「ハンバーグパプリカのケチャップ風ソース
フェットチーネクリームソース」を。

2人ともラウンジで食べ過ぎなくてよかったです。
どれも美味しく頂きました。(*-艸・*)

CIMG2644

20:00pm。
寝酒にスコッチを頂いた後、歯をみがいて就寝。

CIMG2647

日本時間1:00am, 現地時間9:00am。
配膳の音で起床。約5時間ほどよく寝れました。

CIMG2653

 PRIOR TO ARRIVAL

吉牛です。
よく眠れたお陰で2人とも完食。

CIMG2654

食後のエコノミーキャビンの様子。

CIMG2661

ギャレーからお菓子もゲット♪

CIMG2657

現地時間10:20am。
機長から、もう少ししたら
サンフランシスコ上空を通過するとアナウンスあり。

CIMG2659

 OVER SAN FRANCISCO


見えてきました!
CIMG2669

なんとか、コンデジをズームして、
ゴールデンゲートブリッジを捉えようとするも、

20179jl621

肉眼でチラ見出来ただけで、
写真に収める事は出来ず。

帰国後、もうちょっと倍率の大きな
コンデジへ買い換える事にしました(笑)。

20179jl622

ロス上空へ。

CIMG2678

 LANDING

現地時間11:15am。
予定よりチョイ早で滑走路に着陸。
CIMG2679

拡張工事現場を見ながら駐機場へ向かいます。

CIMG2681






9月中旬平日15:10pm 成田第2ターミナル。
今回はシルヴァーウィークを利用してヴェガスまで。
往路ロス、復路サンフラン経由です。

手荷物をチャチャッと預けて、
CIMG2570

イミグレへ。
制限エリア内まで所要時間約2分なり。

CIMG2571

15:30pm。
免税店で買い物を済ませて、サテライトのラウンジへ。

CIMG2572

閑散としています~。

CIMG2575

有人リラクゼーション。
9月一杯で終了するそうなので、とりあえず、
空き状況を伺ってみると、すぐにOKと。

CIMG2573

最初で最後となるリラクゼーションへ旦那さんを派遣。
因みに、私、こういうの苦手なんですわ(苦笑)。

CIMG2577

バーカウンターへ。

CIMG2578

ローランペリエ。
滅多に飲めないので、ラウンジではこればかり。
お里が知れるっていうもんです(笑)。

CIMG2580

日本酒、ワインメニュー。

CIMG2596

本当は、ラウンジのお酒全部飲んでみたいのですが(笑)、
いい歳して、飛行機の中で酔っぱらって失態を見せる事は
避けたいので、ついつい飲まず仕舞いに終わっています(涙)。

CIMG2597

赤ワインは南アフリカ産
クライン ザルゼ ヴィンヤード カベルネ ソーヴィニヨン。

CIMG2598

その他、焼酎、ウィスキー、スピリッツ。

CIMG2599

JAL国際線ファーストクラスラウンジ限定
ジャパニーズクラフトジン「ROKU」など。

CIMG2602

ダイニングへ。
筑前煮、ビーフカレー、味噌汁、ご飯。

CIMG2581

チキンの竜田揚げ生姜醤油味。

CIMG2582

中華丼。

CIMG2584

この時間は品数が少ないピンチョス。

CIMG2591

パン、温うどん。

CIMG2587

彩り野菜のスープ、オマール海老のビスク。

CIMG2590

スイーツなど。

CIMG2588

こんな感じで、旦那さんより一足お先に頂きます。

CIMG2592

窓の外を眺めながら一杯やっているところに、
心身ともにリフレッシュした旦那さんがご帰還。

CIMG2579

隣の席に座るなり、ポテサラやハムなどをパンに挟みながら
サンドイッチを作り始めたので、何だ、それは!?
と聞いてみたら、

20179sand1

サラダバーの横に新しく出来たメニュー、
JALオリジナル パーカーハウスロールサンドイッチ
と教えてもらいました。

お好みのサンドイッチを作れる写真付き指南書あり。

因みに、パーカーハウスロールとは、オムニ パーカーハウス ホテル
(Boston, MA)のドイツ人パン職人が考案したロールパンの事で、
日本ではバターロールに進化したとの事 By Wiki pedia。

ロースハムを挟んで頂いてみましたが、
ほんのり甘いロールパンが塩気のあるハムの旨味を引き出し、
ちょっとしたおつまみ代わりに美味しく頂きました。

旦那さんは、もう少しボリュームある具材が欲しいと言ってましたが。

CIMG2601

16:30pm。
河岸を変えて本館ラウンジへ。
相変わらず、3Fはめちゃ混み状態です。

BlogPaint

今回はそこそこヒットのお寿司(鮪・蛸)を頂いているうちに、
あっという間にボーディングタイムとなりました。

CIMG2606






 BOARDING GATE

19:10pm。
ボーディングタイムを10分過ぎてゲートに到着。
とっくに優先搭乗始まっています~。
CIMG9439

 FLIGHT SUMMARY

■Gate:63
■Airline:JL
■Flight Number:JL771
■Aircraft type:Boeing 777-300ER
■Cabin Class:Business
■Schedule(local time):
NRT 19:30pm-SYD 7:15am(+1day)
■Flight Time:9hr 45min

CIMG9436

機材はJALエコジェット。

201703jl7717

そして、この時は知らなかったのですが、帰国後、
ぱぴるすさんのシドニーー成田 ファーストクラス搭乗記

【インボラ】JALファーストクラス(JAL SUITE)搭乗記 

を拝読して、2017年3月25日(土)のフライトを最後に、
成田=シドニー線のファーストクラスサーヴィスが休止
された事を知りました。

ちぇっ、残念!

って、自分達には一生縁が無いだろうと思っていたのですが、
ぱぴるすさんの素晴らしい搭乗記のお陰で、私達もせめて、
死ぬまでに一回ぐらい乗ってみたくなりました。

CIMG9442

 JAL SKY SUITE 777(777-300ER)

■49 Open suites
■Seating configuration : 2-3-2
■Seat width : 52cm
■Max. bed width : 65cm
■Max. bed length : 188cm
■Personal monitor size : 23inch

CIMG9448

窓側2席を指定。

CIMG9450

上の棚からエアウィーヴを下して、
旦那さんは通路側、私は窓側に着席。

BlogPaint

JALオリジナルアメニティキット
「ゼロハリバートン」の赤のソフトケースなど。

CIMG9457

19:20pm。
ウェルカムドリンクのシャンペーンを頂きます。

CIMG9455

 TAKE OFF

19:35pm。
約5分ほど遅れて出発~。

CIMG9472

Ta-Ta, Narita !

CIMG9486

Flight Map。

CIMG9502

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT

CIMG9494

この時は、この2つのアジア映画が非常に気になったのですが、
如何せん、明日はメルボルンに着いてすぐ行動したかったので、
後ろ髪を引かれながらも観賞を断念。

CIMG9498

そして、早々に、
エアウィーヴを敷いて就寝の準備をし始めたところ、

CIMG9573

お隣では、
旦那さんがさっきの香港映画の方を楽しそうに鑑賞中。

おまけに、画面には私の好きな香港俳優の1人、
呉鎮宇(フランシス・ン)さんが写っており、
暫く悩んだけど、

201703jl7718

私は、やはり、今宵はサマンサ・ジェードの曲で
オージーテンションを高める事に致します♥

キモいオジオバサンだけど、
ファンになるくらいイイでしょう?

※画像はYou Tubeさんから拝借
2017jl772SJnine1


 DINNER

離陸1時間30分後。
ディナーの配膳がスタート。
CIMG9503

■先付 アミューズ・ブーシュ
胡麻豆腐 山葵のせ
フレッシュチーズとトマトのムース

旦那さん共々、エドシックと一緒に頂きます。
201703jl7712

そして、私は和食をチョイス。
どれも美味しく頂きましたが、とりわけ、
噛めば噛むほど旨味が口の中いっぱい広がる
炊きたてご飯のお味がサイコーでした。


 JAPANESE MENU

■春霞
筍旨煮と鮑柔らか煮
出汁巻玉子と海老の艶煮
くらげと椎茸の胡麻酢和え
鯛南蛮漬
お造り(鮪、平目)
長芋田楽
トマト甘酢漬け

CIMG9531

■台の物
国産牛和風ステーキ
鮭幽庵焼き

■炊きたてのご飯
■味噌汁
■香の物

201703jl7713

こちらは旦那さんの洋食。
久しぶりに和牛ステーキを食べれて感動したそうです(苦笑)。


 WESTERN MENU

■オードブル
春キャベツと花のサラダ、
国産牛のローストビーフと山葵のソース

■メゾンカイザー特製パン

201703jl7714

■メインディッシュ
和牛サーロインステーキのマスタードソース

※お肉と魚(真鯛)の2種類からチョイス可

CIMG9538

和食のスイーツ。
洋食のスイーツは撮り忘れてしまいました。

■甘味
黒胡麻葛餅

CIMG9545

 ANYTIME YOU WISH

離陸3時間後。
ディナータイムが終わり、機内はそろそろ就寝モードの中、
私は、寝酒のブラディメアリーと一緒に、

201703jl77111

1回目の食事終了後から着陸1時間30分前までオーダー出来る
ANY TIME YOU WISHの中から、好奇心で「たこ焼き」を
オーダー。

もう、完全にオッサンモードですいません。
(〃∀〃)ゞ

アツアツで提供されたこちらのお品は、
コンビニのレンチンたこ焼きみたいに美味しかったです♪

CIMG9567

 BREAKFAST

離陸7時間30分後。
私だけ朝食の為に起こしてもらいます。
約3時間ほど爆睡出来ました。

CIMG9571

メインのフロマージュのロワイヤルは、
ふわふわ軽い食感のチーズスフレのようなオムレツ。
寝起きの胃にも非常に優しいお味で美味しく頂きました。


■フミコの洋食
フロマージュのロワイヤル
グレープフルーツとアンチョビのサラダ
メゾンカイザーのパン
オレンジジュース

CIMG9570

食事をしている途中から、
真っ暗だった窓の外も徐々に明るくなってきました。

CIMG9593

離陸9時間20分後、現地時間6:50am。

CIMG9604

眼下にシドニーの街並みが見えて来ました!
今回は、トランジットの為、街中へ繰り出す事が出来ず、
非常に残念。

でも、もう少し交通費が安かったら、
頑張ってオペラハウスタッチしていたかも(苦笑)。

CIMG9608

 LANDING

離陸9時間30分後、現地時間7:00am。
シドニーキングスフォード・スミス国際空港に到着。

CIMG9613

現地時間7:05am。
ターミナル内へ。

CIMG9616

 ARRIVAL

現地時間7:15am。
イミグレ前に設置されているスマートゲートにパスポートの
ICチップを読み込ませ、手荷物ピックアップも申告も無い為、
あっと言う間に到着ロビー内に到着出来ました。

CIMG9621

これからドメスティックターミナルへ移動します。

↑このページのトップヘ