JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:NARITA




 BOADING GATE

16:55pm。
搭乗ゲートがラウンジ近くだった為、
ボーディングタイムにラウンジを出発し、
20179jl624

17:05pm。
ちょっと出遅れてしまいました(苦笑)。

CIMG2610

 FLIGHT SUMMARY

■Gate:63
■Airline:JL
■Flight Number:JL62
■Aircraft type:Boeing 777-300 (773)
■Cabin Class:Economy
■Schedule(local time):
NRT 17:25pm-LAX 11:40am
■Flight Time:10hr15min 

CIMG2609

 JAL SKY WIDER

■Capacity:147 seats
■Seating configuration : 3-3-3
■Seat width: 47cm
■Seat pitch:84-86cm
■Personal monitor size : 10.6inch


エコノミー先頭シートを通り抜け、
CIMG2616


CIMG2615

非常口横の45A,Bへ着席。
既に周囲にたくさんの人がいた為、
こちらは、反対側45K,Jの写真になります。

CIMG3469

斜め前にギャレーがあり、
その両サイドにトイレがあるポジション。

最初は、うるさいかな?とも思ったのですが、
配膳時以外は、さして音など気になることもなく、
ゆっくり眠ることが出来ました。

あと、トイレの空き状況がすぐ分かる為、
ほとんど待つ事無く利用出来て便利でした。

CIMG2617

ただ、配膳時、プレエコ用カートにシャンペーンなどが
じゃんじゃん積まれていく様子もよく見える為、飲兵衛達
にとっては、非常に格差を感じる席でもありました(苦笑)。

CIMG2645

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT


時差ボケ防止の為、睡眠に徹します。
CIMG2620

 TAKE OFF

17:35pm。
やや遅れでプッシュバック。

48

夕方のラッシュアワーでしょうか?
滑走路も大渋滞。ゆっくり進んでいきます。

CIMG2622

18:00pm。
成田上空へ離陸。

CIMG2630

18:10pm。
銚子・犬吠埼灯台辺りでサンセットをキャッチ。

CIMG2634

 DINNER

離陸30分後のドリンクサーヴィス。
旦那さんはエビス、私はスクリュードライヴァーを頂きます。
CIMG2637

ディナーのメインメニューは、JALさんが協賛している
若き料理人たちによるコンペティション「RED U-35」
のファイナリスト6名のシェフの中から、今回は、

■グランプリ受賞
「szechwan restaurant 陳(中華)」の井上シェフ

■岸朝子賞
「ザ・プリンス パークタワー東京
レストランブリーズヴェール(仏)」の桂シェフ

監修メニューの2択。

20179jl623

私は井上シェフの「マイルドエビチリ翡翠ライス添え」を。

CIMG2640

旦那さんは桂シェフの
「ハンバーグパプリカのケチャップ風ソース
フェットチーネクリームソース」を。

2人ともラウンジで食べ過ぎなくてよかったです。
どれも美味しく頂きました。(*-艸・*)

CIMG2644

20:00pm。
寝酒にスコッチを頂いた後、歯をみがいて就寝。

CIMG2647

日本時間1:00am, 現地時間9:00am。
配膳の音で起床。約5時間ほどよく寝れました。

CIMG2653

 PRIOR TO ARRIVAL

吉牛です。
よく眠れたお陰で2人とも完食。

CIMG2654

食後のエコノミーキャビンの様子。

CIMG2661

ギャレーからお菓子もゲット♪

CIMG2657

現地時間10:20am。
機長から、もう少ししたら
サンフランシスコ上空を通過するとアナウンスあり。

CIMG2659

 OVER SAN FRANCISCO


見えてきました!
CIMG2669

なんとか、コンデジをズームして、
ゴールデンゲートブリッジを捉えようとするも、

20179jl621

肉眼でチラ見出来ただけで、
写真に収める事は出来ず。

帰国後、もうちょっと倍率の大きな
コンデジへ買い換える事にしました(笑)。

20179jl622

ロス上空へ。

CIMG2678

 LANDING

現地時間11:15am。
予定よりチョイ早で滑走路に着陸。
CIMG2679

拡張工事現場を見ながら駐機場へ向かいます。

CIMG2681






9月中旬平日15:10pm 成田第2ターミナル。
今回はシルヴァーウィークを利用してヴェガスまで。
往路ロス、復路サンフラン経由です。

手荷物をチャチャッと預けて、
CIMG2570

イミグレへ。
制限エリア内まで所要時間約2分なり。

CIMG2571

15:30pm。
免税店で買い物を済ませて、サテライトのラウンジへ。

CIMG2572

閑散としています~。

CIMG2575

有人リラクゼーション。
9月一杯で終了するそうなので、とりあえず、
空き状況を伺ってみると、すぐにOKと。

CIMG2573

最初で最後となるリラクゼーションへ旦那さんを派遣。
因みに、私、こういうの苦手なんですわ(苦笑)。

CIMG2577

バーカウンターへ。

CIMG2578

ローランペリエ。
滅多に飲めないので、ラウンジではこればかり。
お里が知れるっていうもんです(笑)。

CIMG2580

日本酒、ワインメニュー。

CIMG2596

本当は、ラウンジのお酒全部飲んでみたいのですが(笑)、
いい歳して、飛行機の中で酔っぱらって失態を見せる事は
避けたいので、ついつい飲まず仕舞いに終わっています(涙)。

CIMG2597

赤ワインは南アフリカ産
クライン ザルゼ ヴィンヤード カベルネ ソーヴィニヨン。

CIMG2598

その他、焼酎、ウィスキー、スピリッツ。

CIMG2599

JAL国際線ファーストクラスラウンジ限定
ジャパニーズクラフトジン「ROKU」など。

CIMG2602

ダイニングへ。
筑前煮、ビーフカレー、味噌汁、ご飯。

CIMG2581

チキンの竜田揚げ生姜醤油味。

CIMG2582

中華丼。

CIMG2584

この時間は品数が少ないピンチョス。

CIMG2591

パン、温うどん。

CIMG2587

彩り野菜のスープ、オマール海老のビスク。

CIMG2590

スイーツなど。

CIMG2588

こんな感じで、旦那さんより一足お先に頂きます。

CIMG2592

窓の外を眺めながら一杯やっているところに、
心身ともにリフレッシュした旦那さんがご帰還。

CIMG2579

隣の席に座るなり、ポテサラやハムなどをパンに挟みながら
サンドイッチを作り始めたので、何だ、それは!?
と聞いてみたら、

20179sand1

サラダバーの横に新しく出来たメニュー、
JALオリジナル パーカーハウスロールサンドイッチ
と教えてもらいました。

お好みのサンドイッチを作れる写真付き指南書あり。

因みに、パーカーハウスロールとは、オムニ パーカーハウス ホテル
(Boston, MA)のドイツ人パン職人が考案したロールパンの事で、
日本ではバターロールに進化したとの事 By Wiki pedia。

ロースハムを挟んで頂いてみましたが、
ほんのり甘いロールパンが塩気のあるハムの旨味を引き出し、
ちょっとしたおつまみ代わりに美味しく頂きました。

旦那さんは、もう少しボリュームある具材が欲しいと言ってましたが。

CIMG2601

16:30pm。
河岸を変えて本館ラウンジへ。
相変わらず、3Fはめちゃ混み状態です。

BlogPaint

今回はそこそこヒットのお寿司(鮪・蛸)を頂いているうちに、
あっという間にボーディングタイムとなりました。

CIMG2606






 BOARDING GATE

19:10pm。
ボーディングタイムを10分過ぎてゲートに到着。
とっくに優先搭乗始まっています~。
CIMG9439

 FLIGHT SUMMARY

■Gate:63
■Airline:JL
■Flight Number:JL771
■Aircraft type:Boeing 777-300ER
■Cabin Class:Business
■Schedule(local time):
NRT 19:30pm-SYD 7:15am(+1day)
■Flight Time:9hr 45min

CIMG9436

機材はJALエコジェット。

201703jl7717

そして、この時は知らなかったのですが、帰国後、
ぱぴるすさんのシドニーー成田 ファーストクラス搭乗記

【インボラ】JALファーストクラス(JAL SUITE)搭乗記 

を拝読して、2017年3月25日(土)のフライトを最後に、
成田=シドニー線のファーストクラスサーヴィスが休止
された事を知りました。

ちぇっ、残念!

って、自分達には一生縁が無いだろうと思っていたのですが、
ぱぴるすさんの素晴らしい搭乗記のお陰で、私達もせめて、
死ぬまでに一回ぐらい乗ってみたくなりました。

CIMG9442

 JAL SKY SUITE 777(777-300ER)

■49 Open suites
■Seating configuration : 2-3-2
■Seat width : 52cm
■Max. bed width : 65cm
■Max. bed length : 188cm
■Personal monitor size : 23inch

CIMG9448

窓側2席を指定。

CIMG9450

上の棚からエアウィーヴを下して、
旦那さんは通路側、私は窓側に着席。

BlogPaint

JALオリジナルアメニティキット
「ゼロハリバートン」の赤のソフトケースなど。

CIMG9457

19:20pm。
ウェルカムドリンクのシャンペーンを頂きます。

CIMG9455

 TAKE OFF

19:35pm。
約5分ほど遅れて出発~。

CIMG9472

Ta-Ta, Narita !

CIMG9486

Flight Map。

CIMG9502

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT

CIMG9494

この時は、この2つのアジア映画が非常に気になったのですが、
如何せん、明日はメルボルンに着いてすぐ行動したかったので、
後ろ髪を引かれながらも観賞を断念。

CIMG9498

そして、早々に、
エアウィーヴを敷いて就寝の準備をし始めたところ、

CIMG9573

お隣では、
旦那さんがさっきの香港映画の方を楽しそうに鑑賞中。

おまけに、画面には私の好きな香港俳優の1人、
呉鎮宇(フランシス・ン)さんが写っており、
暫く悩んだけど、

201703jl7718

私は、やはり、今宵はサマンサ・ジェードの曲で
オージーテンションを高める事に致します♥

キモいオジオバサンだけど、
ファンになるくらいイイでしょう?

※画像はYou Tubeさんから拝借
2017jl772SJnine1


 DINNER

離陸1時間30分後。
ディナーの配膳がスタート。
CIMG9503

■先付 アミューズ・ブーシュ
胡麻豆腐 山葵のせ
フレッシュチーズとトマトのムース

旦那さん共々、エドシックと一緒に頂きます。
201703jl7712

そして、私は和食をチョイス。
どれも美味しく頂きましたが、とりわけ、
噛めば噛むほど旨味が口の中いっぱい広がる
炊きたてご飯のお味がサイコーでした。


 JAPANESE MENU

■春霞
筍旨煮と鮑柔らか煮
出汁巻玉子と海老の艶煮
くらげと椎茸の胡麻酢和え
鯛南蛮漬
お造り(鮪、平目)
長芋田楽
トマト甘酢漬け

CIMG9531

■台の物
国産牛和風ステーキ
鮭幽庵焼き

■炊きたてのご飯
■味噌汁
■香の物

201703jl7713

こちらは旦那さんの洋食。
久しぶりに和牛ステーキを食べれて感動したそうです(苦笑)。


 WESTERN MENU

■オードブル
春キャベツと花のサラダ、
国産牛のローストビーフと山葵のソース

■メゾンカイザー特製パン

201703jl7714

■メインディッシュ
和牛サーロインステーキのマスタードソース

※お肉と魚(真鯛)の2種類からチョイス可

CIMG9538

和食のスイーツ。
洋食のスイーツは撮り忘れてしまいました。

■甘味
黒胡麻葛餅

CIMG9545

 ANYTIME YOU WISH

離陸3時間後。
ディナータイムが終わり、機内はそろそろ就寝モードの中、
私は、寝酒のブラディメアリーと一緒に、

201703jl77111

1回目の食事終了後から着陸1時間30分前までオーダー出来る
ANY TIME YOU WISHの中から、好奇心で「たこ焼き」を
オーダー。

もう、完全にオッサンモードですいません。
(〃∀〃)ゞ

アツアツで提供されたこちらのお品は、
コンビニのレンチンたこ焼きみたいに美味しかったです♪

CIMG9567

 BREAKFAST

離陸7時間30分後。
私だけ朝食の為に起こしてもらいます。
約3時間ほど爆睡出来ました。

CIMG9571

メインのフロマージュのロワイヤルは、
ふわふわ軽い食感のチーズスフレのようなオムレツ。
寝起きの胃にも非常に優しいお味で美味しく頂きました。


■フミコの洋食
フロマージュのロワイヤル
グレープフルーツとアンチョビのサラダ
メゾンカイザーのパン
オレンジジュース

CIMG9570

食事をしている途中から、
真っ暗だった窓の外も徐々に明るくなってきました。

CIMG9593

離陸9時間20分後、現地時間6:50am。

CIMG9604

眼下にシドニーの街並みが見えて来ました!
今回は、トランジットの為、街中へ繰り出す事が出来ず、
非常に残念。

でも、もう少し交通費が安かったら、
頑張ってオペラハウスタッチしていたかも(苦笑)。

CIMG9608

 LANDING

離陸9時間30分後、現地時間7:00am。
シドニーキングスフォード・スミス国際空港に到着。

CIMG9613

現地時間7:05am。
ターミナル内へ。

CIMG9616

 ARRIVAL

現地時間7:15am。
イミグレ前に設置されているスマートゲートにパスポートの
ICチップを読み込ませ、手荷物ピックアップも申告も無い為、
あっと言う間に到着ロビー内に到着出来ました。

CIMG9621

これからドメスティックターミナルへ移動します。




17:00pm 成田ターミナル2出発ロビー。
CIMG9403

連休前という事もあり、結構、混雑しています。

CIMG9404
 
今回は、成田からシドニー経由メルボルンまで。
シドニーでJALさんからカンタスさんに乗り継いで向かいます。

お席は片道15,000マイル/人を浪費して、
成田ーシドニー間をビジネスへアップグレード。

そろそろ本気でマイル貯蓄に励まねば。(;OдO)

手荷物をメルボルンまで預けてチェックイン完了。

BlogPaint

出国後、JALファーストクラスラウンジ本館へ。

本当は、サテライトラウンジでローランペリエを
飲みたかったのですが、前回のようにレセプションで

「本館の方が出発ゲートに近いですよ~」

と言われるのも面倒だったし、

この時はまだ、JAL上級会員で、ブログ

「大きなやかん・・・なみあし日記 from Australia」

の著者 ”ぱぴるすさん” から教えて頂いた、

『ペリエが飲みたいからサテライトを利用したい』
 
とチェックインカウンターでスマートにリクエスト
する知識も無かった為、最初からスゴスゴ本館へ
やって来ました。(;´д`)ゞ

 次回、成田を利用する時は、是非、ぱぴるすさん
のようにスマートにセリフを決めてみたいものですが、
キョドって終わりが関の山になるような気もします(苦笑)。

CIMG9409

そして、この時は、
サテライトサクララウンジがリニューアル工事中。

期間:2017年3月12日(日)~3月21日(火)

ファーストクラスラウンジも工事中だったかは、
チェックすらせず、大人しく本館へイン。

CIMG9407

サテライト閉鎖のせいか、館内も混雑しており、
ラウンジ内の様子は撮影出来ず。

本館3F寿司バー近辺の窓から。
CIMG9410

ワインリスト。

CIMG9424

今回は、エドシックと、ニュージーランド産白ワイン
クメウ・リヴァー ヴィレッジ・シャルドネ2015をちょい飲み。

どちらもお寿司にも良く合うフルーティで辛口のお味です。
CIMG9427

その他、新しいメニューをいくつかピックアップしてみると、

オニオンときのこのスープ、
CIMG9417

ピンチョス、

CIMG9416

牛丼など。

CIMG9420

なんちゃってダイエット中の旦那さん曰く、
このまま牛丼で食べるより、やはり、
牛丼カレーで食べたかったそうです。(笑´・艸・)

CIMG9429

その他、スイーツなど。

CIMG9422

この日の寿司バーのネタは、まぐろ、イカ、タマゴ。

CIMG9414

私事で恐縮ですが、イカとタマゴはあまり得意ではない
寿司ネタの為、カウンターで職人さんに

「お好きなネタどれでも1皿3貫まで握りますよ~♪」

と言われた時は、結構グッと来ちゃいました(苦笑)。

ご馳走様でした♪
CIMG9432






11:05am。
本館端の方にある搭乗ゲート67Aへ。

去年の7月と同じく、フライトの前後に
お得な国際線乗り継ぎ便(羽田ー沖縄)を、
日にちを切り離してくっ付けて発券した
最後のフライトです。

このルールが改悪されて非常に残念だけど、
お陰でダイヤになれたようなもんだから、
今まで感謝。

CIMG8511

FLIGHT SUMMARY
■Gate:67A
■Airline:JL
■Flight Number:JL805
■Aircraft type:Boeing 737-800
■Cabin Class:Business
■Seats: JAL SKYLUXE SEAT
■Schedule(local time):
  NRT 11:15am- TPE 14:35pm
■Flight Time:4h20min

CIMG8510


CIMG8513

JAL SKYLUXE SEAT
■Seating configuration : 2-2
■Seats:12

201702jl8051

お席に座って機内誌などをチェック。
機内の様子などは前回と同じなので、
以降、簡単に流して行きます。

CIMG8524

観たい映画は多々ありましたが、
また中途半端な鑑賞になってしまいそうな為、
今回はスル―致します。

CIMG8521

そして、この日は日差しが強く、
旦那さんが座ってすぐ窓のシェードを下したのですが、
何のお咎めも無く、下ろしたまま出発したので、

後にチーフパーサーさんに、

私:「シェードを下ろしたまま出発して大丈夫でしたか!?」

とお聞きしたところ、

CP:「安全が確認出来ていればシェードを下したまま
出発しても大丈夫です」

と教えて頂きました。

ま、私みたいな飛行機ド素人にとっては、
飛行機博士のいそぎ旅さんに教えて頂かなければ、
シェードの上げ下げ自体に意味がある事すら
分からなかったのですが。

また1つ勉強させて頂きました。m(_ _)m

CIMG8534

ほぼ定刻通り出発して、
約45分後、ドリンクの配膳スタート。

アルコールメニュー。
CIMG8535

エドシックを頂きます。

201702jl8053

機内食メニュー。
旦那さんは洋食をチョイス。

CIMG8530

今回も総じてブリリアントなお味との事。

CIMG8540

私は和食をチョイス。

CIMG8531

こちらも、個々の素材の旨味が上手に引き出されており、
とても美味しく頂きました。

CIMG8541

お料理に合わせてお酒は、
宮城の地酒「伯楽星(はくらくせい)純米大吟醸」
をチョイス。

こちら日本酒特有の香りはほとんどしませんが、
あっさり飲みやすく華やかでフルーティーなお味なので、
意外と洋食にも合いそうです。

沖縄線もそうだけど、このような短いフライトなら、
滅多に頂けない品々を頂けるフライト、例えば、

・JALと行く滅多に飲めない地酒利き酒フライト
・JALと行くミシュラン3つ星フライト

などの機内飲食ツアーを募集したら、
どこかの列車みたいにすぐに完売するかしらん?

などたわいもない事を考えている内に、

201702jl8052

14:30pm。
予定よりチョイ早で到着してターミナルへ。

しかしながら、イミグレで結構待ち、
201702jl8055

15:10pm。
荷物をピックアップして、空港の外へ。

CIMG8550

この時はまだ桃園MRTは開通しておらず、
タクシーでホテルへ向かいます。


↑このページのトップヘ