JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:NH



8:57am。
プッシュバック開始。
CIMG8883

 ANA SKY MAP SYSTEM(3D) 

フライトマップは様々なアングルから立体的に見る事が出来、
フライトシュミレーターのような臨場感を楽しむ事が出来ます。

CIMG8887

フライト情報。

CIMG8889

 機内誌、エンタメ

ANA機内誌。

CIMG8882

エンタメ雑誌など。

CIMG8886

この時は観たい映画がなかったので、
中国上空にさしかかるまで利用できる
SKY LIVE TV でリアルタイムニュースを視聴。

CIMG8934

離陸後 9:15am。
東京湾上空にさしかかり、

CIMG8893

おしぼりが配られます。

CIMG8907
 
 ワインリスト

シャンパン:カナール デュシェーヌ キュヴェ レオニー ブリュッド

白ワイン:マコン リュニー レ ジュ二エ―ヴル 2014
                マタヒウィ エステート ソーヴィニヨン ブラン 2015

CIMG8912

赤ワイン:シャトー ブレ―ニャン 2012
                ピエサ エル カイデロ  2011

CIMG8922

ノンアルコールドリンクメニュー。

CIMG8920

離陸1時間後にドリンクサーヴィスが始まり、
CAさんからシャンペーンを頂きます。

CIMG8926

辛口&軽めでほんのりフルーティーで飲みやすいお味。
でも、やはり、シャンペーンと日本のアラレは合わないですね(苦笑)。

CIMG8930

 機内食

離陸2時間後に機内食の配膳が始まり、私は和食をチョイス。

CIMG8916

見た目が綺麗なだけでなく、
各品々に素材の味を引き立たせる丁寧な味付けが施され、

CIMG8949

生ものを含めて、素材の旨味を堪能できました。

CIMG8953

旦那さんは洋食をチョイス。

CIMG8917

メインは海老のソテー スパイシーカレーをチョイス。
ラウンジで食事をセーヴした甲斐があったそうです(笑)。

CIMG8943

食後に配られたミネラルウォーター。

CIMG8967

フライトマップを見てみると、まだこんなところ。
ハノイまで約2時間あります。

CIMG8973

 軽めのお食事

お腹は空いていないのですが、
好奇心から軽めのお食事をオーダーしてみます。

CIMG8964

私はビーフハムのソフトブレッドサンドイッチと
スペイン産の赤ワイン・ピエサ エル カイデロ  2011を。

CIMG8975

パンはしっとり&お肉ビッシリの全然軽くないお品ですが、
美味しかったので完食しちゃいました。(〃∀〃)ゞ

CIMG8977

旦那さんは九条葱うどんを。

CIMG8980

スープは鰹ダシが良く効いた上品な関西風薄口で、
うどんもつるつるコシがあり美味しかったとの事。

CIMG8983

食後のフライトマップ。
到着まで横にならせて頂きます。

CIMG8993

そろそろ着陸態勢に入り再び3Dマップを。
ゲームをしているような臨場感です(笑)。

CIMG9002

この時の窓の外。
遠くまで田園が広がっています。

CIMG9008

着陸まで約2分となりました。

CIMG9011

窓の外にはハノイ郊外の街並みと共に、

CIMG9013

本邦1部上場企業の工場なども見えます。

DSC05449



DSC05448

滑走路に着陸して到着ゲートへ。

CIMG9019

12:08pm。
予定よりやや早くターミナルの中へ入る事が出来ました。

CIMG9022

因みに、こちらのノイバイ国際空港国際線ターミナルと
羽田空港国際線ターミナルは、どちらも本邦1部上場
某ゼネコンにより建設された建物。


到着ゲートに着いた時、


「あれ、なんか戻って来ちゃったみたいだな!?」


という錯覚に陥りました(笑)。
 





8:35am。
ボーディングタイムになったので、
ラウンジから目の前のゲート110へ向かいます。
※中央出国審査出口はゲート111手前辺りです
nh857gate110

優先搭乗させて頂きます~。

CIMG8842

FLIGHT SUMMARY
■Gate:110
■Airline:NH
■Flight Number:NH857
■Aircraft type:Boeing 787-9
■Cabin Class:Business
■Schedule(local time):
NHD 8:55am- HAN 12:15pm
■Flight Time: 5h 20min 

CIMG8844

ANA BUSINESS STAGGERED
■48 flat bed seats
■1-2-1  staggered seat configuration
■158cm Seat Pitch
■54cm Seat width
■18-inch touch-panel monitor

CIMG8874

シートマップ。
ANAさんHPからお借りしました。


ana787-9seatmap1

初めて搭乗するANA最新鋭機B787-9なので少し緊張するものの、
今回の旅の往復路(同じ機材)とも搭乗率約7割前後。

想定以上に機内撮影も多く出来た為、
今回はシートの写真を中心にアップしてみます。

CIMG8853

シートはどの席からでも直接通路に出れるスタッガード(ジグザグ)配置。
非常に個室空間性が高いです。

CIMG9941

因みに、中央7番と13番シートのみ可動式パーティション付き。
もし、お友達等とおしゃべりしながらフライトを楽しみたいのなら、
このような席の指定をお勧めします。

nh857seat1

窓側の席の様子。

CIMG9946

横から見た状態。

CIMG9964

窓側の席に座って横を見た状態。
お互い顔が全くさしません(驚)。

DSC05425

往路は窓側の1番前の席をGET。

CIMG8847

シートに置かれていたのは、ヘッドフォン、スリッパの他、
東京西川の立体構造枕、広げると結構な大きさで、
立派な掛布団と言えるくらい温かみのあるコンフォーターなど。

CIMG8859

シート前。
収納スペース、18-inch タッチパネル方式モニターなど。

オットマン下にはバゲージスペースが設けられており、
私は自分の大きなショルダーバックを収納。

フライト中でも簡単に必要な物の出し入れが出来、
とても便利でした。

CIMG8850

サイドテーブル、読書灯、ユニバーサル電源、USB接続端子など。

CIMG8855

シートコントローラー、その下に収納されている大型テーブルなど。

CIMG8858

シートは完璧なフルフラット対応。
マットレスはやや硬め。

長距離線にはベットパットも提供されるそうですが、
約5時間のフライトではこのままでも全然問題なく、

CIMG0030

身長175cmぐらいの方でも余裕の寝心地です。

CIMG8992

トイレは洗浄機能付き。

CIMG8868

アメニティも歯ブラシ、マウスウォッシュの他、
フェイス&ボディシートも用意されています。

CIMG8869

8:50am。
離陸前にウェルカムドリンクのスパークリングを頂きます。
プラスチックのコップなので少しテンション下がりますが、
お味はドライで飲みやすかったです。

CIMG8872






搭乗は110番ゲートなので、
すぐ手前にあるANAラウンジへお邪魔してみます。
CIMG8755

エスカレータで4Fまで。

CIMG8758

お邪魔しま~す。

20168analoune2

ラウンジ見取り図。
端が切れ切れで申し訳ありませんが、
今いるエントランスは右下青マルのところ。

20168analounge1

シーティングエリアへ向かう途中に展示されている、
玩具メーカー「ホットトイズ」のスターウォーズ フィギュアの数々。

CIMG8765

ファンやコレクターの方々にとっては、
これを見に来るだけでも価値があるラウンジですね。

CIMG8766

ラウンジ内へ。

CIMG8769

右側のフード&ベバレッジ コーナー。

CIMG8770

左側のシーティングエリア。
広っ~!∑(`艸´*)

CIMG8772

更に奥の席。

CIMG8774


CIMG8776

そして、更に奥の席。
ここ等辺でやっと窓側の席を確保して着席。

CIMG8784

窓の外。

CIMG8789

因みに、こちらの奥側にもフード&ベバレッジコーナーあり。

CIMG8830

女性トイレはシンプルながら清潔に保たれており、

CIMG8838

資生堂の化粧水と乳液も用意されています。

CIMG8840

さて、改めて、エントランス側のフードコーナーへ。

まず、手前のANAと日本酒造組合中央会が提携して
全国の「國酒 こくしゅ」を紹介している特設コーナーから。

今月8月の國酒は鹿児島県の焼酎。左から

・新平酒造株式会社 大金の露
・高崎酒造株式会社 しま安納
・大口酒造株式会社 黒伊佐錦  
・さつま無双株式会社 もぐら  
CIMG8797

有田焼焼酎サーバーで提供されています。

CIMG8799

中央のフードカウンターの様子。
因みに、こちらの写真は、私のようなオッサン達が大勢はけた後、
華のある方々がお見えになられたところを狙って撮影したものです(笑)。

CIMG8823

生ビールはアサヒのスーパードライ。

CIMG8802

スピリッツ、ワインなど。

CIMG8817

白ワインはフランス・ランドック地方の
Vin de Pays d'Oc Chardonnay Les Garrigues
ヴァン ド ペイ ドック シャルドネ レ ガリーク。

赤ワインはアメリカの高級スーパー
「ホールフーズ」のオリジナルブランド
Quail Creek Cabernet Sauvignon California
クエイル クリーク カルベネ ソーヴィニヨン カリフォルニア。

ともにコスパが高く飲みやすいデイリーワインですが、
私にとって白ワインはチト甘かったです。

CIMG8821

その他、フリッジ内のソフトドリンク、

CIMG8800

日本酒・純米酒の酔鯨と鮎正宗など。

CIMG8829

UCCのコーヒーメーカー、お茶類など。

CIMG8834

フードカウンターの上では、
唐揚げ、ポテトフライ、焼きそば、

CIMG8804

サラダ、サンドイッチ、

CIMG8832

オリーブ、チーズ、フルーツ、

CIMG8807

パン、

CIMG8811

海苔巻、稲荷、おにぎりなどが提供されています。

CIMG8809

奥にはヌードルコーナーも。
残念ながら食べる余裕はありませんでした(涙)。

CIMG8815

こんな感じで持って来ました。
フードの種類は多くないけれど、
唐揚げはサクサク、ご飯ものはシットリ、
どれもそこそこ美味しいです。

CIMG8828

殊の外、カレーは、古き良き日本の洋食屋さんで
提供されるような、マイルドながらコクのある
美味しいカレーを堪能させて頂きました。

CIMG8794

エコノミークラスでもこのラウンジが利用できるなら、
やはり、ANA上級会員プラチナを目指す価値は大ですね!


ちょっと考えちゃいました。(*・艸・)

 




7:00am過ぎ。
飛び石連休初日の羽田空港国際線出発ロビー。

今回は、期限切れが迫ったANA陸マイルを利用した
初めてのベトナム・ハノイ旅行。

修行じゃないので、いつもよりチト長い3泊4日です(苦笑)。
CIMG8731
 
久しぶりのANAさんなので、改めて、カウンターの位置や、
事前に送っているスーツケースの受け取り場所などを地図で確認。

20168haneda1

ANAビジネスクラス チェックインカウンター前。
既に結構な列が出来ています。

CIMG8739

さて、毎回クレジットカードの特典「手荷物無料宅配サービス」を利用して、
事前にJAL ABCさん経由で宅配業者さんにスーツケースを集荷してもらい、
空港へ送っているのですが、


今回はANA便利用なので、ANA手荷物宅配カウンターへ伺うと、


受付:「お客さん、持っている伝票、ABCさんのですよ~」


私:「やっぱ、そうか~!」


この時まで、依頼した業者さんとは関係なく、
ANA便はANA、JAL便はJALの宅配カウンターで
荷物を受け取るもんだと思っていた旨を述べると、

受付の方、ただ付いて来た旦那さん共々、


ドン───( ゚д゚ )───引き~

CIMG8736

大急ぎで反対側のJAL ABC カウンターへ移動。
ε=ε=ε=┌(;゚д゚)┘

CIMG8740

奥の手荷物をかき分けて探して頂き、
なんとか、無事スーツケースをGet。

CIMG8744

結局、ロビーの端から端へと移動している間に、
チェックインカウンター前には長蛇の列が!

それでも、ANAスタッフさん達がキビキビ受付をこなし、
約10分で手荷物預入&チェックイン完了。

CIMG8745

出国手続き入口(中央)も結構な列が出来ています。

CIMG8749

ビジネスだから優先保安検査場(プライオリティ レーン)
が使えるかも?と来てみましたが、ANAステータス会員以外は、

『ファーストクラスの方のみご利用可』

私の飛行機全般に関する知識なんて、所詮こんなもんです。
皆様、偉そうにブログなんて書いちゃって申し訳ありません。
(T┏_┓T)

CIMG8752

それならばと、
いつも比較的空いている北側の出国手続きへアプローチ。

CIMG8754

やはり空いていました!

CIMG8753
 
ここまでドタバタあちこち移動しちゃいましたが、
ここからは自動化ゲートを利用して約3分で出国完了。


↑このページのトップヘ