JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:QF



16:00pmにホテルをチェックアウトした後は、
お隣のラッフルズホテルから
DSC07720

この時はまだオープン前だった、
ブギス駅直結の「アンダース シンガポール」辺りまで、
自分達には縁のない高級ホテル散策などをしながら過ごし、

CIMG1005

18:57pm。
MRTを乗り継いでチャンギ空港に到着。
ホテル最寄りのエスプラネード駅から
所要時間約50分、料金SGD1.69≒140円。

搭乗予定JL36便の出発まで約3時間もありましたが、
市内でお買い物をした分の税金還付所が混んでいた為、
その後、ラウンジでシャワーを浴びたり食事などをしたら、
結構丁度良い時間となりました。
20176changi1

免税店では、去年のグレート シンガポール セール期間同様、
香水のセールが開催されており、3つ購入するならお得な印象でした。

残念ながら、私の欲しかった香水は対象外だった為、購入には至らず。

CIMG1025

その代わり、ネイルブランド「O・P・I」さんから新発売された、
”塗るだけでジェルネイルのような輝きが最大10日持続します...”
などと謳われたマニキュアのベース&トップコート各15mlセット
SGD26.5≒2,200円と、

CIMG1030

マニキュア1本SGD16.5≒1,350円を試し買い。

帰国後、早速試してみましたが、
毎日キーボードをバンバン叩いている私の爪には、
補修しながら最大1週間しか持ちませんでした(苦笑)。

それでも、頻繁にネイルデザインを変えたい
セルフ派の方には結構お勧めの商品でしょうか。
CIMG1029

20:00pm。
カンタスさんのラウンジへ。

CIMG1031

この時、ラウンジ内は閑散としており、

CIMG1033

以降、フードなどのラインナップを写真で簡単に。

コールドミール。
CIMG1034

スイーツ。

CIMG1035

ホットミール一覧表。

CIMG1036

白ワイン&スパークリング。

CIMG1038

赤ワイン。

CIMG1040

この日は蒸し暑い日だった為、
シャワーを浴びた後、2人ともタイガービールを頂きました。

CIMG1041

この日のオーダー式メニュー。

・チキンラクサ(シーフード含)

・パリパリ豚バラ肉と燻製豆腐
 生姜&ガーリック ドレッシング添え

CIMG1037

こんな感じで頂きました♪

CIMG1043

殊の外、豚バラ肉&燻製豆腐は、
生姜の風味がよく効いた酸味あるドレッシングが、
お肉をさっぱりと、燻製豆腐を甘くまろやかにと、
それぞれの素材の美味しさを引き立てており、
とても美味しく頂きました。

CIMG1044

おかわりしたいのをグッとこらえて、
次の聖地・ブリティッシュラウンジへ移動します(笑)。



17:35pm。
とりあえず、シャワー浴びに、
カンタスシンガポールラウンジへ向かいます。
CIMG0218

この時は、エントランスを入ってすぐのところで、
イヴニングカクテルらしきものが振る舞われており、
2人とも「やったー!」と言いながらそれぞれ頂くも、

CIMG0219

モクテル(ノンアル)でしたわ~。
それでも、どちらも清涼感ある美味しいお味で、
旅の疲れが一気に取れました。(。-艸-。)

CIMG0220

そして、シャワーを浴びながら、
ラヴェンダー系のピュアエッセンシャルオイルをたっぷり含んだ、
オーロラスパのバスアメニティに癒され、気分もリフレッシュ!

CIMG0222

ひと風呂もとい、シャワーを浴びた後は、
早速、一杯と行きましょう♪

完全に、おっさんモードでスイマセン。(*≧∀≦)ゞ
CIMG0225

本日のダイニングメニュー。
チキンラクサとアジアン風エビのコールスローサラダをアテに、
CIMG0226

スパークリングワイン
「Morgan's Bay Sparkling Cuvee, South Eastern Australia」
でカンパイ!

しかし、残念ながら、今回のこのワインも、
私にはちょい甘なお味だった為、1杯で終了
させて頂きました。m(_ _)m

CIMG0227

ラクサとサラダ。
ラクサはやはり鉄板なお味。
サラダもフレッシュパパイヤの酸味が
程よくアクセントになり、食欲をそそります。

ただ、この時は、それ以外のバフェイカウンターに並べられた
フードに食指が湧かなかった為、更なるお酒とフードを求め、

CIMG0230

ブリティッシュ ラウンジへ。
2人ともイギリス料理が好きな為、飛行機に乗らないのに、
いつもフードばかり漁りに来て申し訳ありません。(´>∀<`)ゝ

CIMG8233

※2017年1月撮影
CIMG8237

奥のビジネスセンター側のお席に着席。

CIMG0247

この時のフード、スイーツなど。

CIMG0250

ここのサンドイッチ、いつもこうやって出しっぱな割には、
意外とパンがシットリしているんですよ。

CIMG0252

品数は少ないけど、そこそこ美味しいものが揃っており、

CIMG0253

好みのお酒をセルフで作れるところも気に入っています。

CIMG8239

こんな感じで、今回も美味しく頂きました☆

CIMG0255





 FLIGHT SUMMARY

■Gate:7
■Airline:QF
■Flight Number:QF35
■Aircraft type:Airbus A330-200
■Cabin Class:Economy
■Schedule(local time):
MEL 12:20pm-SIN 17:25pm
■Flight Time:8hr 05min


カンタスファーストラウンジ内の反転フラップ式出発案内。
CIMG0162
 
 BOADING GATE

12:00pm。
ボーディングタイム11:35amのところ、
ラウンジでTVなどを観ながらすっかり出遅れてしまい、
普通に並んで機内へ。

CIMG0169


CIMG0170

 A330-200 ECONOMY CLASS

Seating configuration : 2-4-2。
ほぼ満席状態です。

BlogPaint

今回も、往路SYD-MEL線同様、エコノミー最前列、
足広シートの1つ後ろの2人席に着席。

CIMG0173


CIMG0172

ひょいと頭を上げると、ビジネスクラスの様子が伺えます。

CIMG0174

普通のエコノミーシートの足元幅は、
身長170cmちょいぐらいの方が座って、
ややゆとりが出来る間隔です。

CIMG0178

 TAKE OFF

12:20pm。
定刻通りプッシュバックがスタートしたところ、
CIMG0179

いきなり、足広中央席にお座りの赤ちゃんが
「おぎゃ~」と泣き始めます。

ま、離発着時の際はよくある事ですが、なんと、この赤ちゃん、
この後、ご両親や周りの方々、そしてCAさんなども加わり、
一生懸命あやしたのにもかかわらず、結局、フライト中、
半分以上泣いておりました(苦笑)。

将来は飛行機嫌いになりますでしょうか?

CIMG0180

離陸。

CIMG0181

Ta-Ta, Melbourne!
短い滞在でしたが、お世話になりました!

CIMG0183

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT

9インチ タッチスクリーンはパナソニック製。
日本語字幕、放送番組も多数あり。

CIMG0186

だいぶボケましたが、フライトマップ。

CIMG0191

  LUNCH

離陸約2時間後、ランチの配膳スタート。
その前に振る舞われたウェルカムドリンクは、
個人的にはイマイチなお味の為、丁重にお断り致しました。
CIMG0192

旦那さんがチョイスした
「Peri peri chicken with roast potato wedges, zucchini and mint
ポルトガル風スパイシーチキン、ポテト、スッキ―二、ミントなど」

辛口スパークリングワイン Jacob's Creek 、
その他、チーズ、クラッカーなどと一緒に美味しく頂いたとの事。

CIMG0194

私がチョイスした
「Tandoori vegetable biriyani with basmati rice,fried onions and naan
インド風野菜炊き込みご飯、フライドオニオン、ナン」

こちらは、ご飯パサ気味で味もまばら。
選択を誤ってしまいました。(-公- ll)

CIMG0196

ランチの配膳から約1時間後に、
スニッカーズアイスが配られます。

CIMG0197

 LATER IN THE FLIGHT

離陸5時間後に配られたフルーツケーキ。
こちらもお味は微妙でした。(-公- ll)
CIMG0200

機内の様子。

CIMG0202

 PRIOR TO ARRIVAL

着陸約1時間前に配膳された
「Stir fry noodles with vegetables and honey sesame dressing
野菜ヌードル with 蜂蜜&胡麻ドレッシング」

こちらもお味は微妙。おまけに、うっかり、
麦茶テイストのコーヒーと一緒に頂いてしまい、

結局、私が今回のフライトで一番美味しく頂いたのは、
スニッカーズアイスという結果になりました(苦笑)。
CIMG0206

 LANDING

現地時間16:50pm 着陸態勢。
CIMG0209

窓の外には、シンガポールの街並みが見えて来ました。

CIMG0215

だいぶボケましたが、拡大してサンズなど。
CIMG0213

17:15pm。
予定より10分以上早く到着し、ターミナルの中へ。

CIMG0216

カンタスさんのA330-200のエコノミーシートは、
JALさんの新・間隔エコノミーシートに比べると、
クッションがやや硬く、お尻が少々痛くなりました。



10:35am。
国際線T2のカンタスカウンターで、
ほとんど並ぶ事も無く、手荷物を羽田まで預けます。
CIMG0125

ターミナル内に設けられたシャンドンさんのブースなど。
免税店にたくさんご用意しております~と♪

CIMG0126

出入国マシーンのスマートゲートで、
来る時同様、チャチャッと出国完了。

出国前に書かされた出国カードも、
入国カード同様、このようなボックスに投函して終わり。

果たして、本当にチェックされているのだろうか!?

因みに、空港に着いてからここまでの所要時間約30分なり。

CIMG0127

制限エリアマップ。
前回、ここのお土産ショップに、結構お洒落なTシャツが
売られていたので、今回もお土産で買って行こうと思っていたところ、

CIMG0130

只今、ショップス大規模リニューアル工事中でした。
免税店もチラ見したけど、そんなに安くなかったので、
CIMG0135

サッサとラウンジへ移動する事に。

CIMG0143

ゲート9番の最寄りエスカレーターを上って、

CIMG0141

カンタスファーストラウンジ内へ。

CIMG0145

中からエントランス方向を。

CIMG0147

ライブラリーなどのシーティングエリアを通って、

CIMG0146

ダイニングへ。

CIMG0148

前回もお世話になったスタッフさんにアテンドされ、お席へ。

CIMG0166

今回は、さすがにに身分証明書を見せろと冗談は言われず、
「Perrier-Jouët ペリエ ジュエ」を頂きます。
CIMG0160

朝食メニューはこんな感じ。
この時間(11am)からはコースメニューも頂けましたが、
2人共お腹が空いていなかった為、旦那さんは単品メニューを注文。

CIMG0150

ドリンクメニュー。

CIMG0151

旦那さんが食べたオムレツ。

CIMG0158

中はフレッシュハム、トマトなど。

CIMG0159

私は、セルフのカウンターからペストリーズなどをチョイス。

CIMG0163

1口頂いて、全部旦那さんへ。
普通に美味しかったです。

CIMG0165

あと、この日は、残念ながら、
飛行機撮影日よりではなかったので、

CIMG0153

ボーディングまで、
TVでサッカー観戦などしながらラウンジで過ごしました。
CIMG0152





 FLIGHT SUMMARY

■Terminal:3
■Gate:4
■Airline:QF
■Flight Number:QF427
■Aircraft type:Boeing 737-800
■Cabin Class:Economy
■Schedule(local time):
SYD 11:00am- MEL 12:35pm
■Flight Time:1hr 35min

CIMG9672

この日は搭乗機材がアデレードから遅れて到着し、
約20分のディレイ。

CIMG9675

Seat Map。
※画像はカンタスさんからお借りしました

201703qf427seatm1

11:00am。
優先搭乗列の最後尾から搭乗させて頂きます。

正直、遅れてちょっとイラついていましたが、
搭乗の際、日本国旗のバッチを付けているCAさん、
付けていないCAさん、そして、とてもチャーミングな
CAさんなどから「こんにちは~」と日本語で挨拶され、
自称も含めオヤジ2人とも、すっかりご機嫌に。(〃∀〃)ゞ

CIMG9676


CIMG9678

シートはJAL SKY NEXT同様、
近距離線なら無問題の乗り心地です。

CIMG9679

6列目のお席に着席。
顔を上げるとビジネスクラスがよく見えます(笑)。

201703fq4271

11:30pm 離陸。
Ta-Ta, Sydney!

CIMG9683

さて、約1時間ほどのフライトなので、
欧米系航空会社の機内誌でいつも楽しみにしている
ページを探してみると、

CIMG9681

既に誰かがご丁寧に完成済み(苦笑)。

CIMG9685

そして、オージーらしい、
ゲイのマッチングサイトの広告などを見ていると、
お隣から旦那さんが覗きながら、

「カンタスはゲイやLGBTを積極的に支援している企業だから、
男性でも普通の女性よりきめ細やかなサーヴィスが出来る人は、
どんどんCAさんとして採用しているんだよ」

なるほど~。

そして、再び、ちょい顔を上げてビジネスクラスへ視線を移すと、
先程のとてもチャーミングなCAさんが、こまめにお客さん達に
シャンペーンを注いで回っていたり、片方の手の甲を淑女の
ように口元に当てながら楽しそうに歓談している様子が垣間見え、

ゲイかどうかは分からないけど、私達も彼のようなCAさんに
サーヴィスを受けたいものだ!と、早速この近距離ビジネス
クラスのプライスチェックをしてみたところ、
安くてAUD800前後≒70,000円/One Way  。

いやぁ~、やっぱ高いっすね!

CIMG9687

11:50pm。
ドリンク&スナックサーヴィス。

ビジネスクラスから3列後ろの私達の現実ですが、
有り難くクッキーとコーヒーを頂きます。

しかし、ぱぴるすさん酷評のコーヒーは、
やはり麦茶みたいなお味でした(苦笑)。

CIMG9688

12:03pm。
窓の外。

CIMG9689

12:33pm。
そろそろ到着ですが、眼下の大きな屋根には、
「INGLIS HORSE SALES」と書かれています。

競走馬の販売やオークションなどで有名な
シドニー本拠地の老舗企業『INGLIS』の厩舎でしょうか?

CIMG9691

12:34pm。
メルボルン空港ターミナル1に到着。
CIMG9693

12:45pm。
ターミナルの中へ。

CIMG9697

12:55pm。
手荷物をピックアップして空港の外へ。

この時の気温23℃前後。

今回は、時間を節約して、
タクシーで街中のホテルまで向かいます。

CIMG9703



↑このページのトップヘ