JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:Singapore



20:00pm。
今宵のディナーを求めて、滞在ホテル
「ヒルトン ガーデンイン シンガポール セラングーン」
近くのインディアン レストランがずらりと並んでいる
レース コース ロードまでちょいブラ。所要徒歩時間
約2分といったところです。

ホテルを出てすぐ横のチャンダーロードにも、
ローカルの方々御用達の美味しそうなお店が並んでいますが、
1見客にはかなり敷居が高そうです(苦笑)。

因みに、この周辺は、遅い時間でも女性の1人歩きの方々を
結構見かけたので、治安は大丈夫です。
CIMG0559

シンガポールでもお馴染みになりつつある、
路地裏の綺麗な壁画アートなどを鑑賞しながら、

20176li1

あっという間にレースコースロードに到着。

CIMG0622

メジャーなインディアンレストランの数々をチラ見しながら、

CIMG0566

今宵のお店、北インド料理レストラン
「Delhi Restautant 」さん本店前に到着。
※近くのブロードウェイホテル内に支店あり

どうして、ここのお店を選んだのかというと、
ここら辺周辺のお店のHPをチェックした際、
唯一、ここのお店だけ、メニューに「お酒」の
まぁ、良心的?なプライスが表示されていたからです(笑)。


CIMG0573

さほど広くない店内の中は、まだ宵の口のせいか、
ローカル客らしきグループが3組ほどお食事中。

私達はこのような奥の席にアテンドされ着席。

CIMG0579

因みに、22時頃、トイレを利用した際に
お店の奥から入り口方向を撮った店内の様子はこんな感じ。

CIMG0617

ついでに、トイレ(ビデ付き)も綺麗です♪

CIMG0613

お席に着くと、お店のオーナーの娘さんらしき方が、
早速、日本語メニューを持ってきてくれて、

CIMG0586

ちょっと変な訳だけど、i Pad メニューもどうぞ!
と渡されます。

因みに、この方、めっちゃ優しいです!

CIMG0578

その後、サーヴィス料10%に含まれているであろう、
お通しセット(オニオンスライス、コリアンダー
ヨーグルトソース、インド風揚げ煎)がサーヴ。

CIMG0580

ソースはフレッシュ コリアンダーの匂いプンプンで、
後で頂いたカレー料理に混ぜて食べると、爽やかな
風味が増してとても美味しかったです。

もっとも、パクチーが苦手な方は難しいかもですが。

CIMG0618

テーブルの上に置かれた100均にも売られているような
電気ろうそくがやや物悲しくも感じますが、

CIMG0594

天井に飾られた傘のランプシェードはお洒落です。

CIMG0595

旦那さんは、早速、タイガービアピッチャー
SGD26++≒2,500円を、

CIMG0592

私はお店の娘さんお勧めの辛口白ワイン
継承SGD42++≒4,000円を注文。

CIMG0590

正式名はサウスイースタン オーストラリア産 
Redvale Chardonnay 2015。

正直、ちょい甘に感じるテイストでしたが、

CIMG0605

このようにキンキンに冷やしてもらい、
美味しく頂きました。

CIMG0601

お料理は激辛料理をリクエストしたところ、
チキンティッカSGD14++≒1,300円、
チリプラウンSGD19++≒1,800円を勧められ、

一緒にガーリックバターナン
SGD3.5++≒350円をオーダー。

どれも、結構、ボリューミィーで、

CIMG0597

メチャ激辛ながらも、
奥の深いスパイスマジックに悩殺されました!

激辛料理を注文しておいて言うのもアレですが、
殊の外、ナンがもっちり香ばしく美味しかったです(笑)。

CIMG0604

もっと辛口のワインも追加♪

CIMG0611

私はもうお腹一杯でしたが、学生時代、よく友達と
安くて腹持ちするからと、下宿先で揚げて食べていた
南インド料理「pappadum パパダム」SGD3++≒280円も注文。

その当時にスーパーで買っていたものより、
遥かに美味しいお味ですが、コスパはスーパーに軍配(笑)。

CIMG0607

なんだかんだと、こんな感じで頂きました。
内7割りが酒代なので(笑)、お酒を控えれば、
日本語メニューもあり、サーヴィスも良く、
良心的なお店だと思います。

20176li2



Delhi Restaurant Singapore HP







帰国日 6:30am。
ホテルにたまたま1台停車していたベンツタクシーで空港まで。
初乗り料金SGD5~、乗車時間約15分、料金SGD22.2≒1,800円なり。

個人的には普通のタクシーで十分なのですが、
最近、街中に高級タクシーが増えてきましたね。(´-д-)-3
CIMG9322

この時間のロビー、カウンターは混んでおらず、

CIMG9325

JALカウンターで流暢な日本語が話せるスタッフさんに
受付してもらい、すぐにチェックイン完了。

BlogPaint

イミグレもスイスイ通過して、
旦那さんが免税店で買い物している間、

CIMG9327

私は飛行機撮影を試みますが、私のコンデジでは
こんな感じの写真しか撮影出来ませんでした(笑)。

CIMG9328

その後、ラウンジに向かいますが、
カンタスさんも、

CIMG9334

ブリティッシュさんもクローズしており、
必然的にSATSさんにお邪魔する事に。

CIMG9333

奥のワンワールドエメラルド会員専用エリアに着席。

CIMG9337

早速、手前のカウンターからフードチェック♪

CIMG9347

オムレツ、コーンビーフ、

CIMG9348

ベイクドトマト、ビーンズ、

CIMG9349

フレンチトースト、

CIMG9350

中華粥など。

CIMG9354

お隣のカウンターへ。

CIMG9342

野菜炒め、

CIMG9341

日本のご飯、照り焼きチキンなど。

これらを一通り食べた旦那さん曰く、

「やっぱり、SATSのアジアンフードは美味しいね~!」

との事。

CIMG9340

奥のカウンターへ。
パン類や、

CIMG9339

スナック、カップラーメンなど。

CIMG9346

セルフヌードルステーション。

CIMG9343

本日はラクサで、
作り方の説明書も置かれています。

CIMG9345

アルコール類。

CIMG9357

ワインの説明書も置かれるようになり、
チリとオーストラリアのワインが提供中。

CIMG9359

結局、私はさしてお腹も空いていなかったので、
コーヒーのみ頂いたのですが、

CIMG9356

その後、私が飛行機やオーストラリアの事などを
たくさん勉強させて頂いている”ぱぴるす”さんのブログ
「おおきなやかん・・・なみあし日記 from Australia」
の以下の記事を拝読して、

シンガポールチャンギ国際空港JAL指定ラウンジ変更


今回が最後の利用だったという衝撃を受け、
今更ながら、私も食べておけばよかった~!
と思いました。(-公- ll)

なお、プライオリティパス所有者は、
引き続きご利用可のラウンジです。



12:00pm。
観光がてら約2年ぶりにセントーサのカジノへ。

前回はMRTで向かったものの、乗り継ぎなどで思ったよりも
時間がかかり、その割に、料金もSGD5.35≒500円/人かかったので、

今回は素直にタクシーで向かいます。

CIMG9265

サンズなどを眺めながら、

CIMG9266

あっと言う間に、

CIMG9271

12:15pm 到着♪
料金SGD9.42≒750円(入島税込)。

前回来た時は、週末だった事もあり、
団体旅行で来ている方々も多く見かけたのですが、

今回は平日の昼間という事もあり、閑散としており、
以前より、更に場末感たっぷり漂っている印象です(笑)。

CIMG9272

私は、とりあえず、
このカジノでは最新機種の部類に入る3Dスロットを試し打ち。

3ベット目にいきなりボーナスが来て、
約SGD500≒40,000円勝ちますが、

結局、これが今回一番の勝ちとなりました(苦笑)。

CIMG9274

その後、テーブル台で一気にマイナスSGD1,000ぐらいまで沈み、
旦那さんも調子が悪いという事で、今回もセントーサで観光もせず、
河岸替えでタクシーでサンズへ(笑)。料金SGD11.98≒960円なり。

CIMG9267

私はサンズのライヴゲームでマイナスSGD300まで戻しますが、
その後、やって来た旦那さんの負け金額を聞いて、
やる気も腰折れてしまいました。(-公- ll)


■今回の勝率
私:マイナスSGD300
旦那:マイナスSGD1,500


暫く、カジ禁のはずでしたが、、、
6月編に続く。



9:00am。
朝食を頂きにラウンジへ。
CIMG9256

ラウンジ内のバーカウンター、その奥のソファ席など。
※写真は帰り際に撮影

CIMG9234

バフェィスタイルのフードコーナーを通り過ぎて、ラウンジ奥の席へ。
平日なので、そんなに混んでいません。

CIMG9238

あと、昨晩は気づかなかったのですが、
前回1月に利用した時よりも、シーティングエリアが増えています。

CIMG9255

ホテルのボール ルーム側の窓際に着席して、
早速、フードチェックへ♪

CIMG9237

中央カウンターに置かれた各種ペストリー、
マフィン、パウンドケーキなど。

CIMG9218


CIMG9232

各種シリアル、パン、ジャム、ナッツなど。

CIMG9225

各種フルーツ、ジュース、ヨーグルトなど。

CIMG9219

ヤクルトも4種類ぐらい。

CIMG9251

各種コールドミール、ヴェジタブルなど。

CIMG9222

緑黄色野菜もたくさん揃っていて有り難いです。

CIMG9223

ホットミールカウンターへ。
ポークソーセージ、ベーコン、ビーンズ、ライス、お粥など。

CIMG9231

右隣りに置かれた叉焼まん、

CIMG9228

エビ餃子、

CIMG9229

焼きそばなど。

CIMG9230

エッグステーション。
チキンソーセージや焼き魚も置かれています。

CIMG9240

卵料理の種類もヴァージョンアップしており、
「Tofu Omelette」が非常に気になりましたが、
結局、無難に普通のミックスオムレツをオーダー。

CIMG9242

ヌードルステーション。
この日のスープはエビだし&野菜だしの2種類。

CIMG9247

麺はフォーの細麺と太麺があり、その他、
お好みの具材と一緒にセルフでボウルに入れ、

CIMG9246

シェフに渡して茹でてもらいます。

CIMG9248

今回は野菜だし&フォー太麺をチョイス。
麺はツルツルでアッサリ上品な味のスープに良く絡み、
春菊などの野菜もシャキシャキでエグミも無く、
とても美味しかったです。

CIMG9249

今回は最終日のフライトが早朝だった為、2泊中朝食は今回のみ。
ちょっと勿体無かったかな!?とも思ったのですが、

イヴニング同様、朝食も前回より更に美味しくなっていたので、
やはり、利用して良かったです。

帰り際に、スタッフさんにその事を伝えたところ、
顔をほころばせながら、

「同じように仰って下さるお客様が多いんですよ~」

と教えて頂きました。

シャンペーンの提供が無くなったとは言え、
ますますラウンジの利用価値が高まったような印象を受けました。

CIMG9236

Executive lounge Breakfast:
Mon to Fri 6:00am-10:00am
 Sat&Sun 6:00am-11:00am



チェックイン後、ラウンジへ行き、
衝撃を受けた事は下記の記事に記したとおりデス。

JWマリオット シンガポール サウスビーチ
/エグゼクティヴラウンジのシャンペーン提供終了 May.`17



その後、サクッと泳ぎに
18Fのスカイガーデンにやって来ました。
CIMG9198

プールは正直、泳ぐって感じではなく、お遊び程度の広さ。
そして、この時は蒸し暑かったので、長居する予定では
なかったのですが、

CIMG9201

やっぱり、夜景、めっちゃ綺麗です!

CIMG9203

プール内に置かれた椅子に座って、
ブリリアントに輝くシンガポール金融ビル群、
F1開催時のサーキットロードなどを観れる
ところもいいですね!

CIMG9205

自分達のお部屋からと同じ眺め、
サウスビーチタワーの夜景もなかなかです。

CIMG9207

サンズ方面。

CIMG9210


↑このページのトップヘ