JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:Sydney




 FLIGHT SUMMARY

■Terminal:3
■Gate:4
■Airline:QF
■Flight Number:QF427
■Aircraft type:Boeing 737-800
■Cabin Class:Economy
■Schedule(local time):
SYD 11:00am- MEL 12:35pm
■Flight Time:1hr 35min

CIMG9672

この日は搭乗機材がアデレードから遅れて到着し、
約20分のディレイ。

CIMG9675

Seat Map。
※画像はカンタスさんからお借りしました

201703qf427seatm1

11:00am。
優先搭乗列の最後尾から搭乗させて頂きます。

正直、遅れてちょっとイラついていましたが、
搭乗の際、日本国旗のバッチを付けているCAさん、
付けていないCAさん、そして、とてもチャーミングな
CAさんなどから「こんにちは~」と日本語で挨拶され、
自称も含めオヤジ2人とも、すっかりご機嫌に。(〃∀〃)ゞ

CIMG9676


CIMG9678

シートはJAL SKY NEXT同様、
近距離線なら無問題の乗り心地です。

CIMG9679

6列目のお席に着席。
顔を上げるとビジネスクラスがよく見えます(笑)。

201703fq4271

11:30pm 離陸。
Ta-Ta, Sydney!

CIMG9683

さて、約1時間ほどのフライトなので、
欧米系航空会社の機内誌でいつも楽しみにしている
ページを探してみると、

CIMG9681

既に誰かがご丁寧に完成済み(苦笑)。

CIMG9685

そして、オージーらしい、
ゲイのマッチングサイトの広告などを見ていると、
お隣から旦那さんが覗きながら、

「カンタスはゲイやLGBTを積極的に支援している企業だから、
男性でも普通の女性よりきめ細やかなサーヴィスが出来る人は、
どんどんCAさんとして採用しているんだよ」

なるほど~。

そして、再び、ちょい顔を上げてビジネスクラスへ視線を移すと、
先程のとてもチャーミングなCAさんが、こまめにお客さん達に
シャンペーンを注いで回っていたり、片方の手の甲を淑女の
ように口元に当てながら楽しそうに歓談している様子が垣間見え、

ゲイかどうかは分からないけど、私達も彼のようなCAさんに
サーヴィスを受けたいものだ!と、早速この近距離ビジネス
クラスのプライスチェックをしてみたところ、
安くてAUD800前後≒70,000円/One Way  。

いやぁ~、やっぱ高いっすね!

CIMG9687

11:50pm。
ドリンク&スナックサーヴィス。

ビジネスクラスから3列後ろの私達の現実ですが、
有り難くクッキーとコーヒーを頂きます。

しかし、ぱぴるすさん酷評のコーヒーは、
やはり麦茶みたいなお味でした(苦笑)。

CIMG9688

12:03pm。
窓の外。

CIMG9689

12:33pm。
そろそろ到着ですが、眼下の大きな屋根には、
「INGLIS HORSE SALES」と書かれています。

競走馬の販売やオークションなどで有名な
シドニー本拠地の老舗企業『INGLIS』の厩舎でしょうか?

CIMG9691

12:34pm。
メルボルン空港ターミナル1に到着。
CIMG9693

12:45pm。
ターミナルの中へ。

CIMG9697

12:55pm。
手荷物をピックアップして空港の外へ。

この時の気温23℃前後。

今回は、時間を節約して、
タクシーで街中のホテルまで向かいます。

CIMG9703






8:30am過ぎ。
ターミナル3のゲート4と5の向かい側にある
カンタスビジネスラウンジへ。
CIMG9673
 
エントランス。

CIMG9638

中に入り、エスカレーターで2階へ。

CIMG9639

乗る際、ふと、脇に立てかけてあるパネルを見てみると、
ラウンジNGドレスコードが掲示されています。

当方、この時、Head to toe(頭の先からつま先まで)、
アディダスbyステラマッカートニー全部セール品
という出で立ち(笑)。

ちょっと、1番左の「gymwear」に該当しそうで、
やばいっすね。
CIMG9640

とりあえず、エスカレーターを上り、
案内に従ってレセプションへ。

CIMG9643

窓から見えるターミナル3出発ロビーなど。

CIMG9644

しかし、何のお咎めも無く、無事チェックイン完了。

他にも自分みたいなジムウェアの方々を見かけたので、
過度な露出がなければOKな今日この頃でしょうか!?
CIMG9646

ラウンジ内の様子。
窓側から入って来たエントランス方向を。

広いラウンジとは見聞きしていましたが、正直、
広すぎてどこから撮っていいのか全然分からないという事と、

CIMG9650

180度広がる大きな窓から様々なカンタス機材が望めるので、
ファンの方にはたまらないラウンジだという事は良く分かりました。

CIMG9656

バフェィカウンター、

CIMG9653

バリスタがいるカフェカウンターなど。

CIMG9652

アルコールはお昼から。

CIMG9669

シャワールームは4室。

この時は、2人共すぐ利用出来ましたが、
混雑時は待つ事必須な印象です。

CIMG9663

廊下の棚からタオル類一式、シェーヴィングキット、
歯ブラシが入ったビニール袋を取って中へ。

CIMG9668

シャワーの水圧はやや弱めで、
体感水温は37~38℃といったところ。

ラウンジ内は冷房が効いて涼しいので、
体が温まるまで結構時間がかかりました。

CIMG9664

バスアメニティはオーストラリアを代表する
「オーロラスパ」のスパプロダクツ『ASPAR』

柑橘系アロマで気分をリフレッシュ。

CIMG9666

フードはあまりお腹が空いていなかったので、
こんな感じで簡単に頂きました。

写真撮り忘れちゃったけど、
バリスタさんにいれてもらった
本格的エスプレッソがとても美味しかったです。

CIMG9658





7:20am。
5分ほどターミナルの外で気分をリフレッシュした後、
到着ロビー内の「カンタス国内線乗り継ぎ案内」に
従ってレッツらゴ~。
CIMG9623

こんな道を通って、

CIMG9624

7:25am。
カンタス国内線ターミナル3まで運んでくれる
トランスファーバス(無料)の待合室に到着。

CIMG9625

7:40am。
ターミナル3からのバスが到着。
全員の下車を待ってからゲットオン。

CIMG9626

7:44am。
国内線ターミナル3に到着。

CIMG9628

ターミナル3のマップと
赤丸のトランスファーバス離発着場所など。

出発がゲート7~13なら、
比較的すぐ乗り継ぎが出来そうです。

あと、平日利用の方なら、
すぐ近くにカンタス航空の博物館
「カンタス・ヘリテイジ・コレクション」もあり。
開館:月~金 9:30am-16:30pm


※画像はSydney Airport さんから拝借
201703sydairt11

マップの一番右奥のゲート1の方から来た方を。

私達は次のフライトまで「3時間」もあったので、
ターミナル内を隈なく徘徊させて頂きました(苦笑)。

でも、正直、もう1時間早い乗り継ぎ便でも
十分だったと思います。(-公- ll)

CIMG9671

ターミナル内は、オージーブランドの飲食店やショップなど、
多数のお店がオープンしていましたが、
この時の為替1AUD≒87円。

服やバックなどは、どれもめっちゃ高くて、
手に取って見る事すら出来ず!((( ;゚Д゚)))

CIMG9636

ご当地Tシャツは、国際線ターミナルの方と同じく、
ベタなデザインばかりなのでスル―して、

CIMG9635

ゲート7近くにある飛行機の胴体みたいな
「The Qantas Travelator カンタス トラヴェレーター」へ。

CIMG9637

動くエスカレーターを覆うように設置された内部の壁には、  
カンタスさんが開催しているトラヴェルキャンペーンの写真が
飛行機の窓の形のように貼られており、

通るお客さんがエスカレーターに乗りながら、
旅行気分を味わえる広告塔の役目を担っています。

CIMG9630

この時は、カンタスさんが就航している
都市の写真が貼られていました。

CIMG9633


CIMG9631

さて、そろそろ、シャワー浴びがてら
カンタスさんのラウンジへお邪魔してみようと思います。





 BOARDING GATE

19:10pm。
ボーディングタイムを10分過ぎてゲートに到着。
とっくに優先搭乗始まっています~。
CIMG9439

 FLIGHT SUMMARY

■Gate:63
■Airline:JL
■Flight Number:JL771
■Aircraft type:Boeing 777-300ER
■Cabin Class:Business
■Schedule(local time):
NRT 19:30pm-SYD 7:15am(+1day)
■Flight Time:9hr 45min

CIMG9436

機材はJALエコジェット。

201703jl7717

そして、この時は知らなかったのですが、帰国後、
ぱぴるすさんのシドニーー成田 ファーストクラス搭乗記

【インボラ】JALファーストクラス(JAL SUITE)搭乗記 

を拝読して、2017年3月25日(土)のフライトを最後に、
成田=シドニー線のファーストクラスサーヴィスが休止
された事を知りました。

ちぇっ、残念!

って、自分達には一生縁が無いだろうと思っていたのですが、
ぱぴるすさんの素晴らしい搭乗記のお陰で、私達もせめて、
死ぬまでに一回ぐらい乗ってみたくなりました。

CIMG9442

 JAL SKY SUITE 777(777-300ER)

■49 Open suites
■Seating configuration : 2-3-2
■Seat width : 52cm
■Max. bed width : 65cm
■Max. bed length : 188cm
■Personal monitor size : 23inch

CIMG9448

窓側2席を指定。

CIMG9450

上の棚からエアウィーヴを下して、
旦那さんは通路側、私は窓側に着席。

BlogPaint

JALオリジナルアメニティキット
「ゼロハリバートン」の赤のソフトケースなど。

CIMG9457

19:20pm。
ウェルカムドリンクのシャンペーンを頂きます。

CIMG9455

 TAKE OFF

19:35pm。
約5分ほど遅れて出発~。

CIMG9472

Ta-Ta, Narita !

CIMG9486

Flight Map。

CIMG9502

 IN-FLIGHT ENTERTAINMENT

CIMG9494

この時は、この2つのアジア映画が非常に気になったのですが、
如何せん、明日はメルボルンに着いてすぐ行動したかったので、
後ろ髪を引かれながらも観賞を断念。

CIMG9498

そして、早々に、
エアウィーヴを敷いて就寝の準備をし始めたところ、

CIMG9573

お隣では、
旦那さんがさっきの香港映画の方を楽しそうに鑑賞中。

おまけに、画面には私の好きな香港俳優の1人、
呉鎮宇(フランシス・ン)さんが写っており、
暫く悩んだけど、

201703jl7718

私は、やはり、今宵はサマンサ・ジェードの曲で
オージーテンションを高める事に致します♥

キモいオジオバサンだけど、
ファンになるくらいイイでしょう?

※画像はYou Tubeさんから拝借
2017jl772SJnine1


 DINNER

離陸1時間30分後。
ディナーの配膳がスタート。
CIMG9503

■先付 アミューズ・ブーシュ
胡麻豆腐 山葵のせ
フレッシュチーズとトマトのムース

旦那さん共々、エドシックと一緒に頂きます。
201703jl7712

そして、私は和食をチョイス。
どれも美味しく頂きましたが、とりわけ、
噛めば噛むほど旨味が口の中いっぱい広がる
炊きたてご飯のお味がサイコーでした。


 JAPANESE MENU

■春霞
筍旨煮と鮑柔らか煮
出汁巻玉子と海老の艶煮
くらげと椎茸の胡麻酢和え
鯛南蛮漬
お造り(鮪、平目)
長芋田楽
トマト甘酢漬け

CIMG9531

■台の物
国産牛和風ステーキ
鮭幽庵焼き

■炊きたてのご飯
■味噌汁
■香の物

201703jl7713

こちらは旦那さんの洋食。
久しぶりに和牛ステーキを食べれて感動したそうです(苦笑)。


 WESTERN MENU

■オードブル
春キャベツと花のサラダ、
国産牛のローストビーフと山葵のソース

■メゾンカイザー特製パン

201703jl7714

■メインディッシュ
和牛サーロインステーキのマスタードソース

※お肉と魚(真鯛)の2種類からチョイス可

CIMG9538

和食のスイーツ。
洋食のスイーツは撮り忘れてしまいました。

■甘味
黒胡麻葛餅

CIMG9545

 ANYTIME YOU WISH

離陸3時間後。
ディナータイムが終わり、機内はそろそろ就寝モードの中、
私は、寝酒のブラディメアリーと一緒に、

201703jl77111

1回目の食事終了後から着陸1時間30分前までオーダー出来る
ANY TIME YOU WISHの中から、好奇心で「たこ焼き」を
オーダー。

もう、完全にオッサンモードですいません。
(〃∀〃)ゞ

アツアツで提供されたこちらのお品は、
コンビニのレンチンたこ焼きみたいに美味しかったです♪

CIMG9567

 BREAKFAST

離陸7時間30分後。
私だけ朝食の為に起こしてもらいます。
約3時間ほど爆睡出来ました。

CIMG9571

メインのフロマージュのロワイヤルは、
ふわふわ軽い食感のチーズスフレのようなオムレツ。
寝起きの胃にも非常に優しいお味で美味しく頂きました。


■フミコの洋食
フロマージュのロワイヤル
グレープフルーツとアンチョビのサラダ
メゾンカイザーのパン
オレンジジュース

CIMG9570

食事をしている途中から、
真っ暗だった窓の外も徐々に明るくなってきました。

CIMG9593

離陸9時間20分後、現地時間6:50am。

CIMG9604

眼下にシドニーの街並みが見えて来ました!
今回は、トランジットの為、街中へ繰り出す事が出来ず、
非常に残念。

でも、もう少し交通費が安かったら、
頑張ってオペラハウスタッチしていたかも(苦笑)。

CIMG9608

 LANDING

離陸9時間30分後、現地時間7:00am。
シドニーキングスフォード・スミス国際空港に到着。

CIMG9613

現地時間7:05am。
ターミナル内へ。

CIMG9616

 ARRIVAL

現地時間7:15am。
イミグレ前に設置されているスマートゲートにパスポートの
ICチップを読み込ませ、手荷物ピックアップも申告も無い為、
あっと言う間に到着ロビー内に到着出来ました。

CIMG9621

これからドメスティックターミナルへ移動します。




FLIGHT SUMMARY

■Gate:24
■Airline:JL
■Flight Number:JL772
■Aircraft type:Boeing 777-300ER(773)
■Cabin Class:Business
■Schedule(local time):
SYD 9:15am-NRT 17:00pm
■Flight Time:9hr 45min
CIMG2560

8:55am 搭乗ゲートへ。

CIMG2602

今回も往路同様、アップグレードディスカウント
キャンペーンを利用したビジネスです。

往復ともビジネス枠が空いていたので、
勢いで購入しちゃったけど、
復路は深夜便で寝て行く訳でもないので、
エコノミーで良かったかな?とチト反省。

CIMG2600

JAL SKY SUITE 777 
■49 Open suites
■Seating configuration : 2-3-2
■Seat width : 52cm
■Max. bed width : 65cm
■Max. bed length : 188cm
■Personal monitor size : 23inch

アメニティポーチは黒のゼロハリバートン
(セミハードタイプ)。
CIMG2603

9:08am。
ウェルカムドリンクのシャンペーンを頂きながら
いつでも寝れるようにエアウィーヴマットレスを
上の収容棚からオットマンへ移動させ、

BlogPaint

同じく頂いたお水などを
サイドテーブル付き収納(通路側席)に。

CIMG2633

フライトマップ。
予定より数分早く出発。

CIMG2618

初めて来たシドニー。
僅かな滞在で殆ど観光もしなかったけど、カジノも含めて、
目下、自分の中で1番のお気に入りシティに。

難点は、気軽に安く弾丸で行けないところでしょうか?
あと、物価も高い!
DSC06853

離陸約50分後。
早くもランチの配膳がスタート。

■先付
パンプキンブランマンジェ ズワイ蟹のサラダ
スモークチキン アップルウォルナッツ添え

シャルルエドシックと一緒に頂きます。
CIMG2619

お次は、私がチョイスした和食から。
※メニュー画像はJALさんHPより拝借

■彩御膳
722201611irodori1

CIMG2622

■台の物
白身魚の味噌幽庵焼き
牛肉の葱巻き
三色つみれ~鶏丸、海老丸、磯部丸~

ご飯、味噌汁、香の物

お腹全然空いていないのに、
久しぶりの美味しい和食で全部完食。(恥´・艸・)
CIMG2625

こちらは旦那さんの洋食。

■オードブル
帆立 野菜のマリネ添え ピスタチオオイル

CIMG2623

メインディッシュはビーフかチキンの選択制。

■メイン
牛フィレ肉 モリ―ユ茸のソース

CIMG2624

■デザート
ブルーベリーチーズケーキ

こちらも全部美味しく完食。(恥´・艸・)

CIMG2627

機内エンタメは、賭城風雲(From Vegas to Macau)の
最新作パート3が鑑賞出来ましたが、、、

最初からエンディングが分かりそうな内容だった為、
15分ぐらいで鑑賞するのを止めました。(;´゚∀゚`)

CIMG2643

そして、気分的に、すっかりLOVE♥SYDNEY状態だった事もあり、
スマホで自分の好きな曲ばかり聞きながら浮かれていました(バカ)。

※画像はYou Tubeさんより拝借
pitfree2


到着2時間前。

CIMG2636

到着の1時間30分前まで頂ける
ANYTIME YOU WISH のメニューの中から、

CIMG2615

旦那さんがディナー代わりに頂いた和食(笑)。

■台の物
豚の角煮

■小鉢
ほうれん草のお浸し

ご飯、味噌汁

こちらも美味しゅうございましたとの事。

CIMG2641

そろそろ着陸体制。

DSC06858

少し早い到着となり、

DSC06868

ターミナルに入った時刻が16:51pmでした。

CIMG2661

2016年はこの37回目のフライトで
101,291 FLY ON ポイントを達成して
来期ダイヤモンドが確定。

お陰様で、年末までの約2か月間、
ノーフライトで少し寂しかったです(笑)。

今年はもう少し偏らずに飛びたいと思っているのですが、
安い時期ばかり狙っちゃっているので、
なかなか難しいですね(苦笑)。


↑このページのトップヘ