JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:TheLuxuryCollection





19pm頃。
ホテルをチェックアウト後、
再びパレスホテルへ戻って来ました。
CIMG2188
帰国のフライトは
日付をまたいだ深夜1:55am。

まだまだ十分時間がある為、
「The Pied Piper bar
パイドパイパー・バー」
で軽く飲んでから空港へ向う事に。
CIMG2189
店名にも掲げられている
アメリカのアーティスト
「Maxfield Parrish 
マックスフィールド・パリッシュ」
が制作した大きな壁画
『The Pied Piper of Hamlin
ハーメルンの笛吹き』
が壁に飾られている事
でも有名なバーですよね。
CIMG2053
店内へ入り、
可愛らしいアジア系の
係りの方にアテンドされ着席。
CIMG2200
店内奥の方には、ワインセラー、
グリル料理が頂けるレストラン
などが広がっています。
 CIMG2237
バーとレストラン中間から
バー、エントランスの方を。
CIMG2240
サーヴィスのおつまみ。
右のワサビ風味のビーンズが意外!
久し振りの日本食です(笑)。
CIMG2206

ビールはどれもUSD7。
CIMG2195
季節のシグニチャーカクテルは
USD14。
CIMG2198
旦那さんは珍しく?ビールではなく、
十数年の伝統を持つお店特製カクテル
「Market Gimlet」を注文。 
CIMG2201
gingerは普通の
フローズンダイキリUSD13を。


どちらも味がキリリと引き締まった、
フレッシュ濃厚な大人カクテルです。
CIMG2204
飲むだけのつもりが、
周りの方々が注文されている
”特大バーガー”を見てしまった
旦那さん御希望で
「Pied Piper Burger」
USD20+を注文。

さっき、
ブリトー食べたばかりなのに(笑)。

CIMG2213
マヨネーズ、マスタード、
ケチャップなどが瓶でサーヴ。
CIMG2223
お分かり難くて申し訳ありませんが、
大きなお皿で運ばれてきました♪

でも、バーガーよりチップス
山盛りだったりもします(笑)。
CIMG2225
ま、お値段も然ることながら、
ジューシーで肉厚なパテと
ホクホク香ばしいチップス。

周囲の方々がオーダー
しているのも納得です。
CIMG2230
gingerの2杯目、
ロゼのスパークリングUSD14。

旦那さんはマルガリータUSD12。
CIMG2220

カウンターバーの様子。
CIMG2209
コンデジ撮影で
大変恐縮でございますが、

暗い店内の中、一際、
色鮮やかな輝きを放っている壁画。
制作されて早1世紀以上が経過して
いるとは思えない色艶です。

この美しい壁画、特に画家が
好んで使用した繊細で美しい青
「Parrish Blue パリッシュブルー」
を鑑賞しながらサンフランシスコ
最後の夜に乾杯♪


パレスホテル,ラグジュアリー
コレクションホテル,サンフランシスコHP





9月20日(日)10am過ぎ。 
すっかり朝寝坊した
お部屋の窓からの景色。
CIMG1825
TVをつけると、
今日も暑そうです。
CIMG1821
ベイエリアで32℃。
天気が良いだけ有り難い
と思わねばなのでしょうが、
こう連日猛暑が続くと
「またかよ~!」
とも思ったり(苦笑)。
CIMG1822

街散策へ向かう前、
見学オンリーでホテルの
プール、ジムを訪れてみました。

エレヴェーターを4階で降り、
CIMG1833
反射して申し訳ありませんが、
エレヴェーターフロアに
飾られているプール案内。
CIMG1619
プールとジムのエントランス。
お部屋のキーカードをセンサー
にタッチして開錠。
CIMG1835

ジムの様子。24H利用可。
CIMG1837
コンパクトながら、必要最低限、
各部位対応マシーンが揃っています。
CIMG1848
壁には、
現在のホテルの建物が
建てられた20世紀初頭
から前半にかけて撮影された
"ザ・アメリカン・ビューティー"
な方々のお写真が飾られています♪
CIMG1838


CIMG1839

プール営業時間は5am-22pm。
CIMG1840
アトリウム形式の天窓で覆われた、
とても明るく解放感のあるプールです。

プール縦横の長さは18x6M。
手前の深さは2FT=0.76M。
CIMG1841

少し先に進んで3FT=0.91M。
 CIMG1844

その先が1.2Mの深さになっています。
CIMG1845
サイドには小さなジャグジーが1つ設置。
お子様も大人同伴で利用出来るプールです。
CIMG1846

プールからジムの方を。
CIMG1847

泳ぐというよりは、体を動かす
ぐらいのプールですが、
お昼寝するにも持って来い
のところです。d(ゝ∀・*)







お部屋からの眺め。
CIMG1581 
眼下にマーケットストリート、
向こう側のポストストリートを
挟んでウェルズ・ファーゴの
建物などが見えます。
DSC01295
マーケットストリートを走る
路面電車やトロリーバスなど。

お部屋の中には微かに騒音も
響きますが、気になるほどでは
ありません。

因みに、窓は施錠され開閉不可。
DSC01329
様々な乗り物、人々が行き交い、
ずっと眺めていても楽しいです。
DSC01297

ワンちゃん達も。
DSC01340
そして、通りを挟んだところには、
ジャパニーズ・スイーツのお店が
見えます。
DSC01292
実際に降りて、正面からお店を。
デパ地下などにも出店している
「宗家 源 吉兆庵」さんの
お店です。
CIMG1639
この時は、白桃ぜりぃや
お店オリジナル月餅なども
販売されていました。
CIMG1637

お店の前辺りからホテルを。
DSC01359
そして、
「宗家 源 吉兆庵」さんから
ホテルを挟んで反対方向へ
マーケットストリートを歩いて行くと、
CIMG1635
約2分のところに
「DAISO JAPAN」さんのお店があります。
CIMG2032
販売されている商品は、
日用品から食品、下着など、
殆ど日本のお店と変わりません。

違うと言えばお値段が
USD1.5+~と言うところでしょうか。
CIMG2042
近くのスーパーやコンヴィニなどで
買えない日本のお茶も売られています。
お値段少々張りますが。USD1.75+~。
CIMG2041
再び、ホテル外観を。
ホテル周辺には、その他、アウトレット、
ファストファッション、オーガニック
スーパー、コンヴィニなどがあり、
交通の利便性、観光は勿論の事、
お買い物にも非常に便利なホテルです。

お部屋が狭いと書きましたが、
これでもう少し(だいぶ)安く
泊まれるなら、ええ、言う事
ございませんとも。(。ゝω・。)ゞ
 DSC01353





お部屋へ入り、
入口ドアを内側から。
CIMG1543
ドアノブにかかってある
プライヴァシ―等の革製
メッセージタグ。
DSC01307
お部屋の位置。
マーケットストリートに
面しています。広さは28㎡。
CIMG1583
入口から。
リノヴェートされたばかりの
明るく綺麗なお部屋です。

インテリアの随所に、高級感を醸し
出す革製品がふんだんに使用され、
壁には西海岸印象派のモノクローム
写真が飾られ、元々のお部屋の古い
デザインの良さを残しつつ、見事に
新しいお部屋へと生まれ変わりました。

難点は、以前同様、
1人で泊まるなら十分な広さですが、
2人ではやっぱり狭いですわ~。
(-公- ll)


右側にキングサイズのベッド、
ベッド手前にチェアが2脚と
小さなティーテーブルが
置かれています。
CIMG1547

窓側から。
CIMG1554


CIMG1548
テーブルの上には、世界中の
ラグジュアリーコレクション
ホテルのズッシリ重たいカタログ
が置かれています。
CIMG1596
ベッドはシモンズの
「シモンズ・ビューティレスト
セレクション・シリーズ」

会社のHPには、

”最先端の睡眠科学から生まれた、
眠りの質を高めるテクノロジーが
息づくベッドシリーズです”

と謳われております。

寝心地最高な事は言うまでも無く。
CIMG1553
ベッドスロー(寝ながら履いている
靴を置く布)はホテルの紋章入り。

勿体無いので使えませんでした(笑)。
CIMG1582

ベッドサイド。
CIMG1566
サイドテーブル下に
置かれた革製トランク。
DSC01305
反射して申し訳ありませんが、
開くとこんな感じ。
DSC01304
革のいい匂いがプンプン。
鍵がかかる訳でもない為、
パジャマ、本などを入れて
おりましたが、
まずかったでしょうかね(汗)?

お蔭でベッド周辺はすっきり
綺麗に使う事が出来ました。

お次は、
入口横のバスルームへ。
CIMG1568
バスルームは
固定&稼働シャワー&バスタブ、
トイレ、シンクの3ポイント。
DSC01271
左側にかかっている
モノクローム写真、タオルなど。
DSC01278

水圧、温度等の問題はありません。
CIMG1564
大理石張りの床と
シンクのカウンタートップ。
 CIMG1604
その下のタオル、ドライヤーが
入った革のケースなど。
DSC01308

サーヴィスのお水。
DSC01275
アメニティーはイギリスの
環境に優しいブランド
「GILCHRIST&SOAMES
ギルクリスト&ソームス」
London Collection。

残念ながら、
歯ブラシの用意はありません。

固形石鹸、ボディローションの他、
CIMG1606
後ろのアメニティの中身。
コットン、綿棒、シャワーキャップ、
ソーイング、シュースポンジなど。
CIMG1608
バスアメニティも同じシリーズ。

個人的には
この手のネーチャーフレンドリー
ブランドは、かえってケミっぽい
フレグランスを感じてしまい、
使用感の問題はありませんが、
使用中のテンションは高まり
ません(苦笑)。

フレグランスはベーシックな
モルトンブラウン系、スパイシー
なサンダルウッド系の香りを
薄くしたような感じです。
CIMG1565
再びお部屋の中へ。

デスク上のTVは
SAMSUNG48インチLED。

チャンネル数は多いですが、
日本語番組は無かったと
思います(間違っていたら
ゴメンナサイ)。
CIMG1551
デスク横のドアがクローゼット。
ラゲージラック、セーフティあり。
スリッパ無しです。

ラゲージラックは外に出して利用
せざるを得ませんので、お部屋が
より狭く感じる事に(苦笑)。
CIMG1550
ドアの内側にかかっている
革製のラック。
 CIMG1593
ワーキングデスク。
ライティングスペースも
お洒落な赤の革張りです。
CIMG1574
コンセントなど。
お部屋のWiFi感度も良好です。
DSC01317
デスク周辺スペースも
ゆったり設けられています。
CIMG1575
デスク下にあるミニバー、
フリッジなど。

外で買って来て収納可。
ワインオープナーもあり。
CIMG1572

お部屋のキーカード。
CIMG1585


次回はマーケットストリート、
お部屋からの眺めなどのご紹介です。







「パレスホテル、ラグジュアリーコレクションホテル
 サンフランシスコ概要」


・ホテル開業:1875年
・建物階数:9階
・総客室数:556室
・スタンダード:28㎡~
・スイート:38㎡~
・フィットネス:24H
・プール:5am-22pm
・チェックイン/アウト:15pm/12pm

その他、 
・客室天井3.4m
・オーナー:国際興業グループ
 京屋ホテルズ&リゾーツ
・マネージメント:スターウッド
   ホテルズ&リゾーツ




向こうのマーケットストリート側
エントランスから入って来た
ホテル館内、プロムナードの様子。
CIMG1535
エントランスを入り、すぐのところに
構える、世界で最も素晴らしい7つの
バーの1つに選ばれた由緒ある
「パイドパイパー」

こちらは後日レポ予定。
CIMG1622
館内は名前の通りまさに”宮殿”。
優美で厳格な雰囲気が漂い、
実際、上流階級と呼ぶに相応しい、
お帽子、ドレスなどを着こなした
ご年配の方々をお見かけしましたが、

殆どの方は、至って、私達同様、
カジュアルな格好です。
(〃∀〃)ゞ
CIMG1533
それに、このプロムナードには
チェアやお手洗いなどもあり、
宿泊者以外でも利用価値大(笑)。
 CIMG1536
そして、前述のパイドパイパー同様、
1907年に誕生し、当時で約700万ドル
を投じて作られたステンドグラスドーム
を冠する「ガーデンコート」と手前の
「GCラウンジ」

1969年には
歴史建造物保存諮問委員会により
「サンフランシスコランドマーク18番」
に指定されています。
CIMG1537
皆さんの記念撮影スポットで、
ピアノの生演奏など奏でられ、
もぉぉ~、別世界です。

勿論、ginger達は
写真を撮っただけ(苦笑)。
CIMG2050
ガーデンコートからプロムナード
を挟んでお向かいにあるホテル
メインロビー。
CIMG2045
ニューモンゴメリーストリート側
のホテルメインエントランス。
CIMG1804
ホテル建物のコーナーには
サンフランシスコ発祥の
チョコレートブランド
「GHIRARDELLI ギラデリ」
が入っており、店内で大きな
チョコファッジなども頂けます。
CIMG1809

フロントへ。
CIMG1540
別の時のフロント。
メインロビー同様、
こじんまりしています。
CIMG1620
今回はSPGアメックスカードの
無料宿泊特典を利用した宿泊です。

予約後、
「有償アップグレードも出来ますよ~」
とメールも頂きますが、

”カード年会費の元が取れたら♪”

というセコい予約の為、
これらはスル―致しました。

因みに、宿泊直前、SPGサイト
で予約したスーペリアルームの
プライスをチェックしてみたところ、
キャンセル不可で1泊税込約4万円。

自分が想定していた5万円前後
での利用からは程遠く、一気に
カード年会費のCPも悪くなる
結果に。(-公- ll)

palace up2


ロビー横に設置されている
レターボックス。
CIMG1621
お部屋は通常のゴールド会員
特典同様、予約していたお部屋
スーペリアから1つ上のデラックス
へワンランクアップ、レイトチェック
アウトも16時までOKを頂きました。

因みに、スーペリアとデラックス
の違いは、お部屋の眺めのみ。
広さはほぼ同じです。(・∀-`;)
CIMG1814
アサインされた5階で
エレベーターを降りて、
CIMG1615


CIMG1541
エレベーターロビーの様子。
階段のアイアンレースも素敵です。
CIMG1613
各フロアの階段脇に置かれた
デスクには、ホテルのファシリティ
案内が飾られています。
CIMG1614
階段をのぞき込むと
1階までぐるぐると。
映画の逃走シーンなどでも
よく見かけるような階段ですよね!?
CIMG1617
廊下の様子。
凛とした静寂が漂う
上品で優美な佇まいです。

悪く言うと、お化けが出そうな
雰囲気も(笑)。

※実際、そのような事は、
残念ながら?ありませんでした。
CIMG1612
お部屋の前に到着。
真鍮製のドアノブを回し、
オーク製のドアを開けて
お部屋の中へ。
CIMG1610



↑このページのトップヘ