JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:TheScarletSingapore




朝食はフロント横の階段を2階へ上った「OUR KORNER」で。
実際、ホテルの角に位置するカジュアル レストランです。

DSCF8157


エントランスから店内を。

DSCF8158

お席に。

お食事は、基本メインを1品選べるバフェィ形式ですが、
アラカルトも可。
DSCF8236


窓からは、木々に隠れて周囲のコロニアル調の建物などが見えます。

DSCF8250


もう少し写そうとした途端、土砂降りに(笑)。

DSCF8253


食事内容は、ローカル、ウェスタンと、
コンパクトなスペースの中、意外と品数は多いです。

DSCF8160


サーモン、ハムなど。

DSCF8164


プチ・マレー系点心など。

DSCF8162


パン類、シリアル類。

1cc8f1cb


カップ・ケーキは濃厚な甘さ☆

DSCF8163


とりあえず、テンコ盛りで持ってきました(笑)。

DSCF8240


DSCF8173


こちらはオーダーしたメインの1品。

旦那さんはエッグ・ベネディクトをチョイス。

1口頂きましたが、玉子の黄身が濃厚です♪

DSCF8172


gingerはシーフード粥をオーダー。
こちらはダシの効きがイマイチでした。

DSCF8169


2日目の朝は、オムレツと、

DSCF8245


ナシ・ゴレンにしてみました。
どちらも美味しかったです。

036724c1


店内は、宿泊客だけではなく、近隣の会社の方々も
ブレックファースト ミーティング的に利用しており、
朝から活気がありました。


お隣に美味しいホーカーズがあるので、
朝食無しでも良かったかな?と思いましたが、

外気は30℃以上の蒸し暑さ。
涼しい所で美味しくボリューミーな朝食を頂けて良かったです。

お得な宿泊パックで利用するならおススメの朝食です。




入った瞬間、2人ではやっぱり狭いと思いました(笑)。
多分、広さは20㎡無いかな。

お部屋入って、すぐ右にダブルベッド。

DSCF8092


ベッド横の大きな鏡。

DSCF8093


ベッドのヘッドボード後にある小さなライティング・デスク。
因みに、全館禁煙です。

ede23304


ベッドからバスルームの方を。

DSCF8091


入り口脇のクローゼット。

8bd4eece-s


TV下のサイドボードの中。
DVDプレイヤーなど。映画等デスク無料レンタルあり。

9c62b9be


オープナーも用意されているので、
ビール、ワイン等の持ち込み可。

5498c915


冷蔵庫の中。
ミネラルウォーターだけでなく、
ピンク・グレープフルーツ・ジュースもコンプです(嬉)。

DSCF8104


バスルーム。

2031ba76-s


バスタブ無しの3ポイント・バス。

DSCF8089


バスアメニティはシンガポール・プロダクツ。
当たり障りのない匂いです。

DSCF8107


バス・ローブ。

DSCF8095


スリッパもあり。

DSCF8096


お洒落なホテルガイド。

DSCF8108

窓からの眺めは隣接するレストランの一角(笑)。

日中は静かですが、夜はレストランの賑わいが
23時ぐらいまで聞えました。

DSCF8235


夜、外出から戻って来たら、枕元に「孫の手」のプレゼントが。
頂きませんでしたが。(・∀・)!

DSCF8151


~勝手な感想~
このお部屋は窓の開閉が出来ず、換気があまり良くありませんでした。

それでも、マイナス面を補うサーヴィスの良さも多々あり、
美味しいホーカーズもすぐお隣の立地の良さです。

なので、次回宿泊するなら、バルコニー付のお部屋に
宿泊してみようと思いました☆





「ザ・スカーレット・シンガポール概要」

・ホテル開業:2004年12月
・総客室数:80室(内スイート8室)
・ホテル階数:3階建
・スタンダード16㎡~
・スイート33㎡~
・チェックイン・アウト:14-12PM
・SLH(スモールラグジュアリー・ホテルズ)

※2013年リノヴェート済





セゾン プラチナ トラベルデスク(JTB委託)さんで
SLH(スモールラグジュアリーホテルズ)の特典を利用して予約。


■デラックスルーム(16㎡~)
・朝食バフェイ付き
・空室状況によってアップ・グレード
・16時までのレイト・チェックアウト
・3日前までキャンセル可
・1泊SGD230(税別)



空港からタクシーで約20分。
運賃はSGD25。
時刻は平日18時過ぎです。

運転手さんにはホテルの名前より
お隣の「Maxwell Food Centre」
と伝えた方が分かりやすかったです。


戦前のショップハウスを
リノヴェートしたホテルの外観。

1階にはショップも入っています。

24時間のセブンも左に。
入り口はもう少し先です。
DSCF8233


ホテルフロントの様子。
スタッフさん達は、皆フレンドリーでとても親切です。
【無料Wi-Fi】のPWもここでもらいます。

DSCF8196


エントランス入って左にある「BAR」

DSCF8195


フロント横にあるスカーレット(緋色)のソファーに案内され、
チェックインの手続きです。

DSCF8082


スタッフさんにお部屋までアテンドしてもらいます。

細長く続く館内の中、2階のお部屋へ上るリフトは2つ。

2階のお部屋へたどり着くまで、リフトまで暫く歩いて2階へ上り、
また来た方向へ戻るという様な、結構、面倒な印象も(笑)。

DSCF8155


お部屋の入り口。
ドアにはお洒落な革製の新聞受けが付いています。

DSCF8255



次回はお部屋の中へ。


↑このページのトップヘ