JUST A JOURNEY

HOTEL(SPG&Hilton)・AIRLINE(JAL)・CASINOなどが中心のTRAVEL BLOGです。羽田を中心に夫婦で飛んでいます。

タグ:casino



先日、ヴェガスから恒例の(カモ用)メールが届きました♪
20179trcae5


去年9月に行った際、私はこの系列カジノで10万円
ぐらいしかローリングしていないにもかかわらず、
リゾートフィー+税金のみの宿泊代でOKという
オファーを頂き、

201709lastr11


シーザーのこんな広いお部屋もコンプ予約出来ました。
1泊約USD40(諸税込)。

20179trcae3

因みに、私より必死こいて回していた
旦那さんのホテルコンプはこんな感じ(笑)。


20179trp1

そして、私は昨年、もう一つのカジノ系列で
不覚にも大負けしたので、憧れのホテルからも
リゾートフィー+税金(USD44.22)/泊のみの
宿泊オファーを頂きました。

因みに、ここに正規に宿泊するより負けているんだから、
自分自身、これを書いていて笑っちゃうのですが(苦笑)。

201709lasaria1


上記の事をいろいろ考えた結果、
もしかして、賭ける回数が少なくてもワンベット額が多い私と、

賭ける回数が多くてワンベット額が少ない旦那さんとで、
コンプは違うのか!?

という結論に達しましたが、果たして、いかがでしょうか?

これは、来月行った際、再び検証してみようと思います。
出来たら負けないようにね(笑)。



12:00pm。
観光がてら約2年ぶりにセントーサのカジノへ。

前回はMRTで向かったものの、乗り継ぎなどで思ったよりも
時間がかかり、その割に、料金もSGD5.35≒500円/人かかったので、

今回は素直にタクシーで向かいます。

CIMG9265

サンズなどを眺めながら、

CIMG9266

あっと言う間に、

CIMG9271

12:15pm 到着♪
料金SGD9.42≒750円(入島税込)。

前回来た時は、週末だった事もあり、
団体旅行で来ている方々も多く見かけたのですが、

今回は平日の昼間という事もあり、閑散としており、
以前より、更に場末感たっぷり漂っている印象です(笑)。

CIMG9272

私は、とりあえず、
このカジノでは最新機種の部類に入る3Dスロットを試し打ち。

3ベット目にいきなりボーナスが来て、
約SGD500≒40,000円勝ちますが、

結局、これが今回一番の勝ちとなりました(苦笑)。

CIMG9274

その後、テーブル台で一気にマイナスSGD1,000ぐらいまで沈み、
旦那さんも調子が悪いという事で、今回もセントーサで観光もせず、
河岸替えでタクシーでサンズへ(笑)。料金SGD11.98≒960円なり。

CIMG9267

私はサンズのライヴゲームでマイナスSGD300まで戻しますが、
その後、やって来た旦那さんの負け金額を聞いて、
やる気も腰折れてしまいました。(-公- ll)


■今回の勝率
私:マイナスSGD300
旦那:マイナスSGD1,500


暫く、カジ禁のはずでしたが、、、
6月編に続く。




20:30pm。
サウスワーフからヤラ川沿いを歩いてクラウンカジノへ。
DSC07304

滞在中はF1グランプリ開催と重なり、
カジノ内も老若男女メチャ混み状態です。

DSC07314

カジノエントランス外に飾られている車など。

DSC07308

場内を散策してみると、昨年、ヴェガスのストリップ界隈で
探して見つけられなかった私の好きなマシーンが、ここでは
昨年来た時の2倍以上に増えており、早速、試し打ちしてみる事に。

※写真は2015年ラスヴェガス モンテカルロ内のカジノ
CIMG0969

結果、約30分間、20ベット中わずか1回、それも自信が無く、
なんとなく賭けたミニマムAUD5≒400円のみ外して、
今回の滞在費分を勝ち逃げ。

自分で言うのもおこがましいのですが、
この時は、正直、笑いが止まりませんでした。

翌日、旦那さんがそれ以上負けて帰って来るまでは。

今回の2人の勝敗:マイナスAUD300≒24,000円なり。ヽ(゚、。)ノ

旦那さんは、暫く喪に服すそうです(苦笑)。

CIMG0972

因みに、写真左のライヴゲ―ミングコーナーは、
昨年来た時同様、閑古鳥が鳴いていたので、
撤退するのも時間の問題かもしれません(笑)。

DSC07316

9:30pm。
カジノを後に、ヤラ川沿いプロムナードへ。

DSC07318


DSC07325

フードコートはメチャ混み、レストランはメチャ高なので、
ここでディナーを食べるのは諦めます(苦笑)。

DSC07332

気温も20℃前後と暖かく、川沿いでは心地良い夜風に
身を任せながらのんびり過ごしている方々も多いです。

DSC07327

そして、更に先を進むと、F1特設会場が設けられており、

DSC07349

ファンやマニアには嬉しい限りのショップや、

DSC07350

車などが展示されています。

DSC07352

レースゲームコーナーなどもあり。

DSC07346

お店を覗いたり、写真を撮ったり、しばし、
ストリートミュージシャンの歌声に耳を傾けたりした後、

DSC07355

22:00pm。
今宵のディナーを求めて、メルボルンの中心地
CBD(Central Business District)へ戻ります。

日が長く時差もある為、
感覚的にはまだ20時ぐらいの感じです(笑)。

DSC07362


 




皆でAさんから美味しいディナーをご馳走になった後、
AさんとBさんにわざわざ下界までお越し頂き、

旦那さんは暫く様子見をした後、大小テーブルへ。
Bさんに至っては、本来、他ゲームの名プレイヤー
なのにもかかわらずお付き合いして頂き、

3人で付き合いバカラde一勝負♪

因みに、この時のカジノの客入りは、
この写真の4倍ぐらいのメチャ混み状態でした(笑)。

CIMG7901


そして、いざ、ゲームがスタートすると、
AさんBさん2人とも、私がほとんど賭けた事も無い
サイドへポンポン気前良く賭けていきます。∑(゚∀゚ノ)ノ


暫く様子を見た後、Aさんの逆張りを試みるも、
ものの見事にナチュラルで跳ね返され、(・∀・;)


それでも、優しいAさんは、時々、
私のチップの上に自分のチップを置き、
私に絞らせてくれて勝たせてもらったり。ヽ(≧▽≦)ノ


負けてしまった時もあったけど。m(_ _)m


極めつき、AさんBさん2人とも、
20倍のサイドベットを見事に当てたのを
目の当たりにした時は、思わず、


「神っている!」


という言葉が出たくらい、正直シビレマシタ。
ツエエェェ(*゚Д゚*)ェェエエ!



結局、この時は、Aさんについて行って、
皆で勝利を飾る事が出来ました(大感謝)。


そして、勝たせてもらった分、せめて自分達の食事代
だけでも受け取って下さいとAさんに申し出るも、
敢え無く拒否られ、AさんとBさんに改めてお礼を述べ、
シンガポールでの再会を約束して、この日は、一旦、
カジノを後に。


しかしながら、新年早々、カジノっていうのもアレだけど、
夫婦揃って勝たせてもらってゴチになるって、、、


超ダメダメ夫婦じゃん。┐(´・∀・`)┌



●    ●    ●    ●    ●    ●


という事で、
翌朝10:00am、再びカジノへ(笑)。


この日シンガポールを発つAさんを
せめてお見送りしなければという事と、


私の乏しい頭を絞って考えた作戦、


「たまたま、ちょっとカジノでプレイしたら、
昨晩、Aさんが支払ったお食事代+高額チップ分
勝っちゃったから、どうぞ受け取って下さい♪」


を実行する為に。( `pq´)

CIMG7899


そして、昨日Aさんから頂いたラッキーのお陰で、
30分もしないうちに目標金額を勝利!

それでも、旦那さん曰く、
「おそらくAさんは受け取らないと思うよ」

のアドバイスを尻目に、

鼻息荒くAさんに電話して、

「今たまたま下のカジノにいるので、
Aさんのチェックアウト時にお見送りに行きます」


と言ったところ、
まだチェックアウトまで時間があるにもかかわらず、
早々にカジノまでご足労頂く事に。( ̄∀ ̄;)


ちょっと想定外な展開だったけど、
自分の未熟ながらも40過ぎの熟女経験値上、
ここまですると、10人中8,9人は、いくばくかでも
受け取ってくれるはず!


と鼻息荒いまま、
出会いがしらAさんにお金を差し上げたところ、


またもや、敢え無く「撃沈」 (_△_;)


結果、良かれと思った事が裏目に出て、
一旦、クローズしたAさんを再両替に走らせて、
かえってご迷惑をおかけする事に!(;>艸<;)


新年早々、熟女ながら、
まだまだ自分の未熟さを痛感致した次第です。
m(。´・_・`。)mペコ


●    ●    ●    ●    ●


そして翌日14:30pm。
恒例の!?ポイントdeブランチとなりました(苦笑)。

CIMG8147

ビール1本 SGD14+≒1,250円。
自腹では到底利用出来ないお値段です。

CIMG8149

ブランチを食べながら、
Aさんもポイントならゴチになってくれるかしらん?
としつこく考えたり。

でも、ここも出来た当時は美味しかったけど、
来る度、味が落ちているんだよなぁ~!
としみじみ思ったり。

CIMG8154

最後に、
Aさん、Bさん、楽しい一時を本当に有難うございました。
おバカ夫婦ですが、これに懲りず、どうぞ、また、
シンガポールで遊んで下さい。m(_ _)m


そして、Aさん、
是非、また、ゴチ宜しくお願い致します!?(*・艸・)





皆様、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

さて、まだシドニー旅行記の途中ですが、
新春早々、シンガポールで素晴らしい時間を共有させて
頂いたオフ会メンバーの方々に感謝の気持ちを込めて、

誠に勝手ながら、今年最初の記事は、
シンガポールオフ会ダイジェストでスタートさせて頂きます。


今回の滞在先は、2015年に「サウスビーチホテル」として
オープン後、2016年12月マリオット傘下でリオープンした
「JWマリオット ホテル シンガポール サウスビーチ」

CIMG8126

ホテル18Fには、シンガポールシティを約360℃見渡せる
スカイガーデンがあり、プール、フィットネス、ビリヤード、
などのアクティヴィティ、バーなどが併設されています。

CIMG8127

SPGアメックスカードのお陰で、
マリオットもなんちゃってゴールド待遇。
ラウンジも利用させて頂きました(感謝)!

CIMG8119

オフ会の集合場所は、
新しいホテルの見学も兼ねてここのロビーで待ち合わせ。

無事に皆様とお会い出来た後、
常駐している日本人スタッフさんに案内して頂きながら
ファシリティ見学へ(大感謝)。

CIMG7996

まずは、2Fのエグゼクティヴラウンジへ。

CIMG8060

チェックイン時には、

「ラウンジの利用は宿泊者のみ」

と言われましたが、

日本人スタッフさんの計らいで

「皆さんでお茶でも召し上がって下さい」

と有り難いお言葉に甘えて、
広いラウンジの1画に着席。


しかしながら、この時点で、
次回ここに宿泊を検討しているAさんが
いまいち乗り気じゃない様子だった為、
一足先に見学していた私達が、

「18Fからの眺めを見たら、絶対泊まりたくなるはず!」

という事で、お茶も飲まずに18Fへ移動(苦笑)。

日本人スタッフさんにおかれましては、
バタバタ慌ただしく連れ回してしまい、
大変申し訳ありませんでした。m(_ _)m

CIMG7921

因みに、今回、個人的にこのホテルで一番驚いた事は、
ラウンジのカクテルタイム17:30pm-21:30pmの4時間、
シャンペーンも飲み放題だった事です!

この時の銘柄はモエとテタンジェの2種類。

だから、基本、
宿泊者以外の利用は不可なのでしょうか!?

CIMG7966

18Fのスカイガーデンへ。

CIMG8044

シンガポールフライヤーや、

CIMG8041

サンズなどは、手前の老舗ホテル群に隠れてしまい、
全体を見渡す事は出来ませんが、

CIMG8016

それでも、”ザ・シンガポール”
な素晴らしい夜景はたっぷり満喫出来ます♪

CIMG8018

そして、プールサイドからは、
高層ビル群シェントンウェイ、F1コース、
クリケットクラブなどが見渡せます。

流石に、夜景にはチトうるさいAさんも
グッと来たようです。(。 ゝ艸・)

CIMG8007

因みに、お昼間の眺めは、
雨期という事もありこんな感じでした。

CIMG8090

そして、一通りファシリティを見学させて頂き、
日本人スタッフさんにお礼を述べた後、

皆でマリーナベイサンズへやって来ました♪
CIMG7884

宿泊者のAさんとBさんからキーカードをお借りして、
私達庶民夫婦、初めてサンズスカイパークへ!

もう、言葉は「素晴らしい!」の1言。
改めて、AさんBさん、有難うございました。m(_ _)m

CIMG7875

一通り見学させて頂いた後、
Aさんに予約して頂いた人気レストランへ。

最初は、お会いするたび若くなっているAさんと、
Aさん同様ナイスガイのBさんと、庶民の旦那さんと、
今回、一番場違いでしなびたオジオバちゃんの私という
メンバー構成に、なんとも恐縮しながら参加させて
頂いたのですが、

結局、自分が一番しゃべっていたような気がします!?
(*・艸・)
CIMG7881

そして、不覚にも、またもやAさんのゴチになる事に!
(≧Д≦)


思い起こせば、今回の自分のカジログは、
ここから始まっていたような気がします。


パート2へ続く。
 

↑このページのトップヘ